スター・ウォーズ
Disney+(製品・サービス)

スター・ウォーズ・スピンオフ「マンダロリアン」のシーズン2が10月30日にDisney+で配信開始

次の記事

iOS版のAmazonアプリが刷新、基調色が変更され、片手操作UIが進化

スター・ウォーズ・スピンオフの「Mandalorian」(マンダロリアン)のシーズン2が10月30日からDisney+で配信開始となることが発表された(スター・ウォーズサイトプレスリリース)。

Disney+オリジナルの「スター・ウォーズ」スピンオフとしては、昨年11月にスタートしたマンダロリアンが最大注目だ。このシリーズは「アベンジャーズ」などで知られるジョン・ファヴロー氏が企画、監督・製作総指揮を務めている。 Pedro Pascal(ペドロ・パスカル)演じる惑星マンダロリアン出身の謎の賞金稼ぎが主人公で、強力なフォースを持つ赤ん坊、「Baby Yoda」(ベビー・ヨーダ)が活躍する。ベビー・ヨーダは人気を集め、ポップカルチャーのアイコンのひとつ(Pop Sugar記事)になった。シーズン1は最優秀ドラマシリーズを含む15部門でエミー賞にノミネートされている。

Disney+では作品のメイキングを描いたドキュメンタリー 「Disney Gallery: The Mandalorian」も製作されている。これによれば特殊効果を実現するにあたって従来のようなグリーンスクリーンに頼るのではなくバーチャル・プロダクションを利用(未訳記事)ている(Epicによる紹介)。これは俳優の背後にバーチャル空間が投影され俳優の演技に従ってリアルタイムで動くというものだ。

マンダロリアンのリリースの後はDisney+ではオリジナルの制作にはあまり力を入れていなかった。しかしこのオンデマンドビデオサービスは急激な成長を遂げ、同社によれば今や登録会員は6050万人だという。日本でも近く配信される、ブロードウェイのミュージカル「ハミルトン」を撮影した作品実写版「ムーラン」が強い追い風となったようだ。なおDisney+会員は、追加で2980円を支払うことで視聴できる。

またディズニーにとって幸いなことにパンデミックによって世界中で映画の製作が凍結(Collide記事)される寸前にマンダロリアンのシーズン2は撮影が終了していた。ちなみにここ数カ月、映画制作のペースは徐々に正常に戻りつつある(未訳記事)。ディズニーとルーカスフィルムはまだ予告編その他の内容紹介を公開していない。なお、日本のDisney+での公開時期は明らかされていない。

画像:Disney

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook