ネットサービス
Oracle / オラクル(企業)
Amazon / アマゾン(企業)
JEDI(用語)

オラクルが再び敗訴、米連邦高裁は国防省の1兆円のJEDIクラウド契約は合法と判決

次の記事

Rocket Labが密かに打ち上げた初の人工衛星「First Light」とは?

オラクルは当初から単一企業による1兆円、向こう10年に渡る国防省クラウドネットワーク(JEDI)の契約先選定プロセスを嫌っていた。同社はこの選定プロセスはアマゾンをえこひいきするものだ」と聞くものがあろうとなかろうと誰彼構わず主張し続けた。

しかしこの件の訴訟でオラクルはまたも敗訴した。米国時間8月2日、連邦控訴裁判所は「単一企業を受注先とするこの選定基準は根本的に欠陥があり不当だ」とする Oracle の訴えを退けた。また同裁判所は国防省の募集要項(RFP)作成者にアマゾンの元社員が含まれていたことが利益相反にあたるとするオラクルの主張も認めなかった。

後者の点について裁判所は「契約担当者に含まれていた、アマゾンの元従業員が利益相反の可能性について適切な評価を行ったかどうかという点について、当裁判所はそのような評価が行われたと判断する」と判示した。

裁判所はさらにオラクルは契約に応募するために必要とされる基本的な要件のいくつかを欠いていたとして、同社の主張の一部は訴えの利益がないと判断した。また主張の他の部分についても「入札過程における調達法規に関するいかなる違反も国防省には認められなかった」とした。

今回の控訴は調達契約を白紙に戻そうとするオラクルの試みとして3回目、トランプ大統領の介入も含めれば4回目だった。実のところ2018年4月に募集要項が公開される前にオラクルCEOのSafra Catz(サフラ・カッツ)氏が「これはアマゾンを不当に利するプロセスだ」と大統領に訴えている(Bloomberg記事)。2018年11月には、政府説明責任局(GAO)がオラクルの抗議をすべて却下(未訳記事)した。翌月、同社は連邦裁判所で1兆円の訴訟を起こした(未訳記事)が、昨年8月に敗訴した。昨日の判決はその判決に対する控訴に対するものだった。

これらの訴訟はすべてアマゾンに対する不当な優遇があったと主張するものだったが、実際に契約を得たのはマイクロソフトだった点は注目に値する。このような結果であっても契約は現在も多数の訴訟に悩まされている(未訳記事)。アマゾンは「契約を失ったのは大統領の干渉が原因であり、本来この契約はAmazonが得るべきものだった」と主張している。

数々の訴訟も含めて、この巨大契約に関連するドラマはいっこうに終わりそうもない。

画像:Bloomberg / Getty Images

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook