SpaceXはStarlinkネット衛星サービスのプライベートベータを検証中、低遅延と100Mbps以上の速度を確保

次の記事

アップルが開発者によるユーザー追跡の明示的許可強制を来年まで延期

SpaceXは、同社エンジニアであるKate Tice(ケイト・タイス)氏を介して、Starlink(スターリンク)インターネット衛星サービスのベータテストのいくつかの詳細を紹介した。同氏によるとSpaceXのサービスは、「最速のマルチプレイヤー」ネットワーク接続されたオンラインゲームをプレイするのに十分な低遅延を実証しており、100Mbpsを超えるダウンロード速度を示しているとのことだ。複数のHDビデオストリームを同時にストリーミングするのに十分な速度で、余分な帯域幅があるとも付け加えた。

従来の衛星、または限られたセルラーベースのサービスに依存している農村部で、既存の接続を使用して時間を過ごしたことがある人は誰でも、これらのパラメータが既存のほとんどのオプションの能力をはるかに超えていることを知っているだろう。Starlinkの目標は、低地球軌道のコンステレーションで、既存のネットワーク機能を提供する静止衛星よりもはるかに地球に近いところで信号を送信できるという利点を持つ、既存のサービスを飛び越えることにある。

タイス氏はまた、これまでのところプライベートベータ版の性能は良好であったが、同社はアップデートによって時間の経過とともに、より多くの機能とより大きな機能が解放されることを期待していると述べている。彼女はまた、SpaceX社が最近Starlink衛星間リンクを完成させたことにも触れた。このリンクは、衛星間通信では最速の速度で、光レーザーを介して数百GBのデータを衛星間で転送することができる。これはStarlink衛星が地球を周回している間の接続を維持するために、各衛星間のハンドオフに依存するネットワークの中核的な機能だ。

現在のプライベートベータは基本的にSpaceXの従業員に限定されており、初めてオンラインになるときにネットワークを微調整するのを助けるために設計されているが、同氏はStarlinkのパブリックベータは今年後半に開始する予定だと述べた。SpaceXは、参加を希望する人にStarlinkのウェブサイトからサインアップするように求めており、今年の初めには、同ウェブサイトからの情報公開により、パブリックベータ版がどのように運用されるかの詳細が明らかにされる見込みだ。画像クレジット:

画像クレジット:SpaceX

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)