ネクスト牛丼1.2
ネクストミーツ
フェイクミート

フェイクミート開発のネクストミーツが代替肉によるレトルト牛丼を9月28日発売

次の記事

欧州の打ち上げ会社Arianespaceが衛星ライドシェアに成功、民間企業を含む計53基を宇宙空間に運ぶ

フェイクミート(代替肉)開発のネクストミーツは9月4日、世界で初めて代替肉によるレトルト牛丼「ネクスト牛丼1.2」の開発および商品化に成功したと発表した。発売は9月28日予定で、価格など詳細は同日発表するという。9月29日に公式サイトを中心に販売を開始する。

ネクスト牛丼1.2は、動物性の食材は一切使用せず、さらには無添加で作られているので、地球環境にも身体にも優しい牛丼という。タンパク質を豊富に摂取できるうえ、脂質は抑えられるとしている。

同社は、動物性の肉に替わる「おいしい植物性の肉」を開発し普及させることで、新しいライフスタイルを提供しながら、地球環境を良い方向に変えていく流れを作っていきたいと考えているという。

カテゴリー: フードテック
タグ: ネクストミーツ代替肉食品日本

関連記事
DAIZの発芽大豆由来植物肉がフレッシュネスバーガーの「THE GOOD BURGER」に採用