福岡ソフトバンクホークスが12球団初のバーチャルYouTuberプロジェクト始動、オーディションを開催

次の記事

建設・土木の生産支援サービスのフォトラクションが「建設テック カオスマップ 2020年9月版」を公開

福岡ソフトバンクホークスは9月4日、12球団初となる「バーチャルYouTuber(VTuber)プロジェクト」の発足を発表した。プロジェクト始動にともない、オーディションを開催する。応募期間は9月22日23:59まで。

VTuberとは、動画サイト上で、CGモデルを使用して動画投稿や配信活動を行うキャラクター(アバター)のこと。福岡ソフトバンクホークスと一緒に、同球団および野球界全体を盛り上げてくれる、様々な分野のエンターテインメントに積極的に臨めるチャレンジ精神旺盛な方を求めているという。

同プロジェクトでは、VTuberを通じ野球の楽しさを広げ、イベントやバーチャル空間での各種活動をはじめとする、新分野のエンターテインメントに挑戦するとしている。

オーディションに関する詳細や問い合わせは、「12球団初!バーチャルYouTuberプロジェクト始動 オーディション開催決定!」ページを参照。

  • 応募締め切り: 9月22日23:59
  • 応募資格: 福岡県内に住むことが可能な20歳以上の女性。継続的に優先して活動が可能であること、月に5日以上活動スケジュールを確保できること(活動当初。将来的に稼働数増)
  • 活動内容: YouTube上での動画配信、放送スタジオを活用した番組出演、バーチャル空間でのイベント出演など
  • 応募方法: 応募フォームより、必要事項を記入の上応募。また、テーマに沿った内容の撮影動画を送付する必要がある

関連記事
横浜DeNAベイスターズとKDDIが「バーチャルハマスタ」無料トライアル実施、スマホ・PC・VRデバイス対応