Adobe SparkがSNS投稿ツールに魅力的なアニメーションのサポートを追加

次の記事

VWのオール電化車ID.4は室内照明を使ってドライバーとのコミュニケーションを図る

Adobe SparkはアドビのCreative Suiteの中でも、あまり注目されていない製品の1つだ。しかし、同社の無料で試せるソーシャルメディア投稿作成ツールには多くのファンがいる。Adobe Sparkの使命が、中小企業のオーナーや代理店がデザインの勉強をしなくても魅力的な投稿を作成できるようにすることであると考えれば、それも不思議ではないかもしれない。米国時間9月3日、アドビはモバイルとウェブで最も要望の多かった機能の1つであるアニメーション機能をSparkに追加した。

SparkのプロダクトマネージャーであるLisa Boghosian(リサ・ボゴシアン)氏は、「アドビには、After Effectsの豊富な歴史があります」と語る。「プロではない人にもプロのモーションデザインを提供したかったのです。個人や中小企業のオーナーがキーフレームやプリコンプや5つのレイヤーの作り方を時間をかけて覚える必要はないのです。Sparkはまさに彼らのためのもので、自分たちにビジネスに集中しながら、モーションデザインを表現することを手助けします」 と続ける。

テキストの流れをデザインしたり、画像を追加したり、アニメーションを追加したりと、Sparkはユーザーを誘導する機能を備えている。アニメーションを含む膨大な数のテンプレートを提供しており、無料の画像、Adobe Stock、Noun Projectのアイコンなどに簡単にアクセスできる。

開発チームはまた、タイムラインなどのムービーエディタの機能の多くを省くことにした。その代わり、テンプレートと新しいデザインによってどのようにアニメーションを表示させるかという背後のロジック構築に力を入れた。「ユーザーにタイムラインを見せて、タイムライン上に物を置いてもらい、スピードを調整したり、推測したりするのではなく、我々がその役割を引き受けたのはユーザーを最高の体験へと導きたいからです」と同氏。

新しいアニメーション機能に加えて、SparkはCreative Cloud Librariesをサポートすることで、Creative Cloud Suite全体でアセットを共有するためのツールも改善された。これにより、LightroomやPhotoshopからSparkに画像を移行するのが格段に簡単になった。Sparkは広告代理店などに人気が出てきているので、コラボレーションもより簡単になるだろう。このサービスにはすでにアセットを整理するためのツールが用意されているが、Creative Cloud LibrariesのサポートによりCreative Cloudのさまざまなツールを横断して作業することがはるかに容易になる。

同氏は「チームは以前からアニメーションをロードマップに入れていましたが、市場に投入するまでに時間がかかりました。その理由の1つには、アドビが適切なパフォーマンスを求めていたことが挙げられます」と説明した。「私たちが提供したいものと同等のパフォーマンスを確保しなければなりませんでした。プロジェクトをエクスポートする際にユーザーを待たせたくなかったので、かなりの時間がかかることは避けたかったのです。そのため、私たちが求めていたユーザー体験を実現するために、バックエンドを立ち上げなければなりませんでした」と続ける。同氏はまた、「アニメーションを起動する前にCreative Cloud Librariesの統合を準備しておきたかった」とも述べている。

アニメーションを作成すると、SparkではMP4ビデオファイルや静止画像として書き出せる。SparkをGIFアニメとしてダウンロードすることはできない。

関連記事:アドビがブログの見出しや画像を読者に合わせてAIでカスタマイズするツールをテスト中

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Adobe / アドビ Adobe Spark

画像クレジット:Fernando Trabanco Fotografía / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)