ソフトウェア
資金調達(用語)
Avo(企業)

データ分析統合プラットフォーム開発のAvoが3億円超を調達

次の記事

AIで選手の動きを解析し指導を行うスポーツコーチアプリのMustardが1.8億円を調達、ノーラン・ライアン氏が協力

企業がチーム間のデータ品質をより良く管理できるように支援するスタートアップであるAvoは米国時間9月3日、GGV Capitalが主導しHeavybit、Y Combinatorなどが参加する300万ドル(約3億2000万円)のシードラウンドで資金調達したことを発表した。

同社の創業者で、現在はアイスランドに拠点を置くStefania Olafsdóttir(ステファニア・オラフスドッティル)氏は以前、一時は世界中に1億人のユーザーを抱えていたモバイルゲームのQuizUpでデータサイエンスの責任者を務めていた。「私はデータサイエンス部門を立ち上げる機会を得ました。同部門は、人々が正しい質問に回答し、データに興味を持つように支援するという文化的な側面がありました。一方で、インフラストラクチャやツール、パイプラインのセットアップの技術的な部分を支援するという一面もあります。技術的な部分を支援することで、人々は必要なときに正しい答えを得ることができます。私たちは独自開発の製品分析ツールと文化をいち早く取り入れていましたが、データの信頼性を維持するのには非常に苦労しました」と同氏は続ける。

画像クレジット:Avo

企業が製品やチーム全体でより多くのデータを収集するようになると、扱いにくくなり、異なるチームが異なる方法、あるいは単に異なるタグをを使用するようになるため、データパイプライン全体で非効率になってくる。

QuizUpでの経験についてオラフスドッティル氏は「当初、信頼性の低いデータは意思決定を遅らせていました。なぜなら、人々がそのデータを理解しておらず、質問する必要があったからです。しかしそれが原因で、間違ったデータに基づいて間違った製品アップデートをローンチしてしまいました。時が経つにつれて、その問題が明らかになってきたのです」と振り返る。

「組織がこの問題の大きさを認識すると、事実上盲目になってしまいます。データの信頼性が低いため、競合他社は市場をリードしているかのように見えることもあります。そういった場合、通常は非効率なプロセスとツールを自分たちで修復して、部分的に法的責任のレベルを高めることになる」と同氏。この面倒な作業には通常、プロダクトマネージャーとスプレッドシートが必要になる。

Avoチームは、この問題を解決するためのより良いプロセスを構築することを目指した。オラフスドッティル氏と共同創業者は、いくつかの回り道や他製品のアイデアを経てY Combinatorプログラムに参加していた時期に、まさにこの問題に焦点を当てるために再編成された。

Avoは開発者、データサイエンティスト、プロダクトマネージャーに、データパイプラインの開発と最適化のための共有ワークスペースを提供する。「優れた製品分析は、これらの部門横断的な利害関係者グループ間のコラボレーションの成果です」とオラフスドッティル氏。Avoの目標は、これらのグループに分析計画と管理のためのプラットフォームを提供することだ。また、分析イベントの作成方法に関する全社的基準を設定することもできる。

これが完了すると、Avoは開発者にタイプセーフ(型安全)なアナリティクスコードとデバッガを提供し、これらのスニペットを取得して数分以内にコードに追加できるようにする。一部の企業では、この新しいプロセスにより、特定の分析問題の修正に10時間を費やしていたのが、1時間以下にまで改善されたそうだ。

「ほとんどの企業は、自分たちのデータを完全に信頼できないことを心の底ではわかっている」とAvoの開発チームは説明する。しかし、この問題を解決する方法を知らないことも少なくない。この問題を解決するためにAvoは本日、Inspector製品をリリースした。このツールは、企業のイベントストリームを処理して可視化して潜在的なエラーをハイライトする。これらのエラーは、型の不一致、プロパティの欠落、またはその他の矛盾などが考えられる。さまざまな意味で、これらの問題を正確に回避することを目的としたサービスにとって、素晴らしいセールスツールであることは明らかだ。

「ほとんどの企業は、自分たちのデータを完全に信頼できないことを「心の底から」知っている」とAvoの開発チームは主張する。しかし、この問題を解決する方法を知らないことも少なくない。これを助けるためにAvoは本日、Inspector製品をリリースした。このツールは、企業のイベントストリームを処理・視覚化し、潜在的なエラーを強調表示する。具体的には、タイプの不一致、プロパティの欠落、その他の不一致などのエラーが考えられる。Inspectorは多くの点で、データ分析のエラー問題を正確に回避することを目的とした優れたツールといえる。

Avoの初期の顧客の1社は、ラテンアメリカの配送サービスRappiだ。「今年は10万人の新しい顧客が配達とカービングサイドピックアップをデジタル化するという需要に応えるために規模を拡大しました。新しいソフトウェアをリリースするたびに問題となっていたのは、分析結果が壊れてしまうことでした。これは、当社のJiraチケットの25%を占めていました」とRappiのエンジニアリング責任者、Damian Sima(ダミアン・シマ)氏。「Avoでは、分析スキーマを事前に作成し、データ分析時の問題を迅速に特定できるので、時間の経過とともに一貫してデータの信頼性を確保できます。我々は顧客がビジネスで毎月1200万人以上のユーザーにサービスを提供するのを支援できました」とのこと。

Avoはこの段階のほとんどのスタートアップ企業と同様に、今回の新たな資金調達を利用してチームを構築し、製品の開発を継続する予定だ。

「次の1兆ドル規模のソフトウェア市場は、開発者があらゆる業界のデジタルトランスフォーメーションを実現するために使用するツールを決定することで、ゼロから推進されることになるでしょう。Avoは、製品リーダーのためのスキーマとデータ分析の管理を維持しながら、エンジニアに実装の容易さを提供します」とGGV CapitalのマネージングパートナーであるGlenn Solomon(グレン・ソロモン)氏は語る。「Avoへの投資は、強い影響力を持つソフトウェア開発者と、新たな使命を持つ製品リーダーへ向けてのものです」と続けた。

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Avo 資金調達

画像クレジット:Fernando Trabanco Fotografía / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)