米国防総省はMSがJEDIクラウド契約を獲得したことを再確認したがアマゾンとの戦いは終わらない

次の記事

データ分析統合プラットフォーム開発のAvoが3億円超を調達

今週は、米国防総省(DoD、Department of Defense)が10年に渡る100億ドル(約1兆600億円)のJEDIクラウド契約(未訳記事)の最終的な勝者を最終的に決定しようとしていることから、多くの動きが見られた。米国時間9月4日、DoDは最終候補であるマイクロソフトとアマゾンの提案(未訳記事)を再度検討した結果、マイクロソフトが契約の勝者であることを改めて表明した(米国防総省リリース)。

「国防総省は、JEDIクラウドの提案の包括的な再評価を完了し、マイクロソフトの提案が引き続き政府にとって最も価値のあるものであると判断しました。JEDIクラウド契約は、国防総省がクラウドコンピューティングサービスの全範囲を利用できるようにする、固定価格、無期限、無数量の契約です」と国防総省は声明の中で述べている。

9月3日の連邦控訴裁判所の判決は、調達プロセスに欠陥があり、元アマゾンの従業員がRFP(Request for Proposal、提案依頼書)の要件を書くのを手伝っていたために利益相反があったというオラクルの主張を否定したことに続くものだ。

米国防総省は、昨年10月にマイクロソフトを選定した後も同社が契約を獲得すべきだと考えていると判断したが、これがこの長い間続いてきた争いの決着とはならない。実際のところ米連邦裁判所は2月に、アマゾンが進めている抗議活動に関する審理を待つ間、このプロジェクトの作業を中止(未訳記事)した。アマゾンは、ワシントンポスト紙を所有しているアマゾンのJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏が儲かる契約を結ぶのを防ぐために、大統領が調達プロセスに干渉したと考えている。

国防総省は、法的な揉めごとが解決するまでプロジェクトを開始できないことを確認した。「2020年2月13日に連邦請求裁判所が出した仮差止命令により、契約履行はすぐには開始されませんが、国防総省はこの機能を軍人(制服組)に提供し始めることを切望しています」と国防総省は声明で明らかにしている。

マイクロソフトの広報担当者は「プロジェクトの続行が承認され次第、すぐに作業に取り掛かる準備ができている」と述べた。そして「注意深く検討した結果、国防総省が適切な技術と最高の価値を提供したことを確認してくれたことに感謝しています。私たちは、この国に貢献している人々が、この非常に必要とされている技術を利用できるように準備を整えています」とTechCrunchに語った。

一方、本日の午後遅くに公開されたブログ記事の中でアマゾンは、今回の結果に不満を持っていることを明らかにし、調達プロセスの完全性を脅かした大統領の干渉であると断定して法的救済を追求し続けるだろう。ここで彼らはブログ記事をどのように締めくくっているかというと、次のような内容だ。

我々は国防総省の欠陥のある評価に強く同意せず、政府とその選出された指導者が客観的かつ政治的影響から自由な方法で調達を管理することは、我が国にとって非常に重要であると信じていまし。私たちが自分たちに問い続けているのは、米国大統領が国防総省の予算を自分の個人的、政治的な目的を追求するために使うことを許されるべきかどうかということです。抗議行動を通して私たちは、あからさまな政治的干渉や劣った技術が許容される基準になることを許さないことを明確にしてきました。これらの決定は容易なものではなく軽視するものではありませんが、標的となる政治的な取り巻きや架空の是正措置に直面しても引き下がらず、公正で客観的、公平なレビューを追求し続けます。

本日の国防総省の声明は、この長期にわたるドラマの終着点に一歩近づいたように見えるが、裁判所がアマゾンの主張について判決を下すまでは、これで終わりではない。アマゾンが退陣する気がないことは本日のブログ記事からも明らかだ。

関連記事:オラクルが再び敗訴、米連邦高裁は国防省の1兆円のJEDIクラウド契約は合法と判決

カテゴリー:ネットサービス

タグ:国防総省 JEDI Microsoft Amazon

画像クレジット:Glowimages / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)