ノーコード開発ツールのスタートアップ重視のAccelの投資戦略を分析する

次の記事

まだまだ優位を保つIntelの第10・第11世代モバイル向けCPUを知る

この記事は株式市場とベチャーキャピタルのトレンドについてのコラムだ。

パンデミックを含め大変動が続いたスタートアップのビジネスシーンの中で、私はノーコードないしほとんどコードを書く必要のない開発スタイルを実現しようとするサービスにもっと注意を払うべきだと主張してきた。投資家、起業家、上場企業幹部らとの最近の会話を簡単にまとめると、「ノーコード/ローコード開発がテクノロジー・マーケット全般に急速に一般化しつつある」ということになる。

その理由は、これも多少乱暴にまとめてしまえばこうだ。マーケティング、セールスなど事業部のニーズと実際に内製、外注を問わずソフトウェアを提供する開発チームとの間のギャップがますます広がりつつあるからだ。これはビジネスシーンにおいて大きな頭痛の種となっている。様々な解決法が探られているが、いずれにせよ金がかかる。

そこでノーコード/ローコード開発環境を提供しようとするスタートアップの出番となる。大企業でもこうしたツールを目指す動きが目立つ。これらはユーザー自身がプログラミングの知識なしにソフトウェアを作成できるようにすることが狙いだ。

私は先週、AccelのパートナーであるArun Mathew(アルン・マシュー)氏と話した。Accelは有力ベンチャーキャピタルで、読者が聞いたことがあるようなありとあらゆる会社に投資している。例えばWebflowは8月にシリーズAで7200万ドルの調達に成功しているが、これもマシュー氏がリードしたラウンドだ。

もちろんこれは一例に過ぎない。重要なのはAccelがノーコードスタートアップ重視の投資戦略を作り上げている点だ。マシュー氏によれば、Accelはスタートアップといってもすでに相当の規模に成長しており市場ニーズへの適合性も実証されているQualtricsなどに多額の投資をしている。Webflowへの投資もこの戦略に沿ったものだという。

しかしマシュー氏は「Webflowは当初から自社をノーコード開発企業と考えていたわけではない」という。Webflowは「ウェブサイト構築のために非常にシンプルで使いやすいドラッグ&ドロップのテクノロジーを開発した。次にウェブサイトだけでなくあらゆるソフトウェアを開発できるようテクノロジーを拡張した。つまりノーコード開発というトレンドに極めてタイミングよく乗ったわけだ」と説明する。

これに似た経緯でAccelは「ヨーロッパにおいても初期段階、成長段階双方のノーコード開発企業に対する投資を行っている」という(インドでもさらに数件の投資をしている)。ノーコード開発自体を重要な動きであるとみているのは当然だが、投資家の立場から見ると、初めからノーコードであるという理由に基づいた投資ではなく、たまたま優秀な起業家を発見したために行われたものもあった。「我々が興味を持っていた分野で優れたファウンダーに出会い、彼らのビジョンに共鳴したからでもある」という。

Accelは「ここ1年ないし1年半にノーコード分野のスタートアップ7、8社に投資した」という。この間にノーコード戦略は次第に練り上げられていった。「現在Accelは世界に10人以上の専任者を置き、時間をかけて有望なノーコード分野のスタートアップを探している」とマシュー氏は付け加えた。

以上、まとめというにはやや長くなったが、マシュー氏との会話はトレンドに追いつく上で非常に参考になった。当初ノーコードとローコード(これも重要だ)をカバーし始めたときにすでに十分な知識があったわけではないが、その後トレンドにだいぶ追いついた。さらにWebflowのラウンドを取材して以後、ノーコード分野のスタートアップに注意を払うことが重要だという考えがはっきりしてきたわけだ。

関連記事:Accelがインド向け新規ファンドを約600億円でクローズ

カテゴリー:VC / エンジェル

タグ:Accel Partners ノーコード

画像:Nigel Sussman

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook