Do Venturesがベトナムのスタートアップ向けに50億円超のファンドを立ち上げ、NaverやVertexなどの注目LPが支援

次の記事

Revolutからコンプライアンス責任者が去り、元アマゾン幹部2名をCOOとCPOに採用

新しい投資会社であるDo Venturesは米国時間9月7日、アジアで著名な機関投資家の数名が支援するベトナムのスタートアップ向けファンドの1回目のクロージングを発表した。Do Ventures Fund Iと名付けられたこの投資ビークルは、韓国のインターネット大手のNaver、GarenaやShopeeなどの事業を展開するシンガポールのSea、同じくシンガポールを拠点とするベンチャーキャピタルのVertex Holdings、韓国のアプリ開発会社であるWoowa Brothersなどのリミテッドパートナーとの間で、目標とする5000万ドル(約53億円)の半分以上の資金を集めた。

写真に向かって左から、ベトナムのアーリーステージのスタートアップに特化したVC、Do Venturesの創業者でゼネラルパートナーを務めるVy Le(ヴィー・ルー)氏とDzung Nguyen(ズン・グエン)氏。

Do Venturesは、元サイバーエージェント・ベンチャーズのベトナムとタイのCEOであるNguyen Manh Dung(グエン・マン・フン)氏と、ESPキャピタルのジェネラル・パートナーであったVy Hoang Uyen Le(ヴィ・ホアン・ウエン・ルー)氏によって設立された。最初のファンドは、アーリーステージの企業に焦点を当てつつ、シードからシリーズBラウンドに投資する。

創設者はいずれもベトナムのスタートアップ企業との長年の取引実績がある。グエン氏は、ベトナム最大のオンラインマーケットプレイスの1つであるTiki.vn、フードデリバリープラットフォームのFoody.vn、デジタルマーケティング企業のCleverAdsなどに初期の投資家として参加していた人物だ。一方のルー氏は投資家になる前は連続起業家であり、ファッションEコマース企業のChon.vnやベトナムの不動産コングロマリットであるVingroupが立ち上げたEコマースプロジェクトVinEcomで最高経営責任者を務めていた。

ルー氏はTechCrunchに対して電子メールで「Do Ventures Fund Iは業界を問わないが、投資は2つの層に分けて実行される」と語った。第1層は教育、ヘルスケア、ソーシャルコマースなど、若いユーザーにサービスを提供するB2Cプラットフォームを開発し、新型コロナウイルスの感染拡大による消費者行動の変化に対応しているスタートアップ。第2層には、第1層の企業にサービスを提供できるB2Bプラットフォームを開発し、データや電子商取引サービスのSaaSソリューションで地域的な拡大を可能にするスタートアップだ。

ルー氏によると、2016年から2019年の間にベトナムでのスタートアップの資金調達額は8倍の8億6100万ドル(約915億円)に増加したという。しかし、ベトナムに特化したファンドはまだ少なく、アーリーステージのベトナムのスタートアップが資金調達のギャップに陥ることも少なくない。

同社の目標の1つは、起業家が新型コロナウイルスの影響を乗り切ることで、感染拡大にもかかわらず企業が成長し続けることができるように支援することだ。

「私たちは、テック系スタートアップが従来のビジネスをより早くデジタル化し、ニューノーマル(新しい常態)に適応できるようにしてくれることを願っています」とルー氏は語る。そして「消費者にとっては、テック系スタートアップが日常生活のあらゆる面で顧客体験を変革し、遠隔地にいる消費者により多くのアクセシビリティをもたらすことを期待しています」と続けた。

Do Venturesは、企業が新しいビジネスモデルを開発するのを支援しながら、ハンズオン型のアプローチで投資を進めていく予定だ。同社は投資先企業の業績データを収集する自動レポートシステムの構築を計画しており、「製品開発、事業組織、サプライチェーン開発、海外展開など、スタートアップ企業の業務を支援することが可能になる」とルー氏は述べている。

カテゴリー:VC / エンジェル

タグ:ベトナム

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)