ネットサービス
Vi(企業)
Idea Cellular
vodafone

インドの通信大手Vodafone IdeaがViにリブランド、Jio Platformsの参入で競争激化

次の記事

最新ノートPCでIntelモバイルCPU「Core i7-1065G7」とAMD「Ryzen 7 4700U」の性能を確認する

インド最大級の通信事業者であるVodafone Idea(ボーダフォン・イデア)は、英国の通信大手Vodafoneグループのインド事業と、インドの億万長者、Kumar Mangalam Birla(クマール・マンガラム・ビルラ)氏が所有するIdea Cellular(イデア・セルラー)が国内で合併してから3年が経過。同社はこのたび「新たなスタート」を切るため「Vi」にリブランディングした。

ボーダフォングループCEOのNick Read(ニック・リード)氏は米国時間9月7日のオンライン会議で「2つの事業の統合が完了した今、新たなスタートを切る時が来た。だからこそ、今こそVodafone IndiaとIdeaの強みを提供する1つの会社であるViを立ち上げる絶好のタイミングだと考えている」と語った。

かつて4億人以上の加入者を抱える国内最大の通信事業者であったVodafone Ideaは、近年、新規参入のJio Platformsに1億人以上の加入者を奪われている(未訳記事)。

インドの大富豪であるMukesh Ambani(ムケシュ・アンバニ)氏が率いる通信ベンチャーのJio Platformsは、格安なモバイル通信料金で4億人近くの加入者を抱える最大の通信事業者となった。同社はここ数カ月でFacebook(フィイスブック)やGoogle(グーグル)などの著名企業から200億ドル(約2兆1250億円)以上の投資を集めている

Viのロゴ(画像クレジット:Vodafone Idea)

インドは世界第2位の通信市場で、世界最大のデータ消費国だ。インドでは、12億人が50万カ所の村々で世界で最も安い料金で音声およびデータサービスにアクセスしている。インドのこのユビキタス無線ネットワークは、人々の生活の中でそのリーチと影響力でほかの追随を許しません」と、本日の会議でAditya Birla GroupとVodafone Ideaの会長であるビルラ氏は述べている。そして「私たちの新しいブランドであるViでは、政府と協力してインドのデジタル経済への移行を加速し、何百万もの市民がデジタル革命に接続し、より良い明日を築くことを可能にしていきます」と続けた。

Vodafone Idea(Vi)は、合併以降にまだ利益を上げていない。同社は、現在インドで10億人以上に達している4Gワイヤレス技術に投資し続けることを表明し、合併発表時の2倍のカバー率を実現している。

同社は先週、34億ドル(約3600億円)相当の株式を売却し、社債を発行する承認を株主から得た。同社は2020年9月にインドの最高裁がVodafone Ideaと同じくインドの大手通信事業者Bharti Airtel(バーティ・エアテル)に向こう10年間の負債の支払い猶予を認めたこと(未訳記事)で、インドで必要とされてきた救済措置を受けた。

判決に先立ってVodafoneグループは「インド政府の3カ月という短い期限での負担金の支払いは通信会社にとって実現不可能であり、市場から撤退するしかないだろう」と警告していた。

朝方の取引で10%上昇していたVodafone Ideaの株は、9月7日月曜日の発表直後に3.30%上昇した。

カテゴリー:ネットサービス

タグ:Vi インド

画像クレジット:Dhiraj Singh / Bloomberg / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)