韓国のPUBG開発元がインドでの配信停止から1週間後に中国Tencent Gamesとの配信提携を解消

次の記事

Do Venturesがベトナムのスタートアップ向けに50億円超のファンドを立ち上げ、NaverやVertexなどの注目LPが支援

人気のバトルロイヤルゲーム「PUBG」の開発元である韓国のPUBG Corporationは米国時間8月8日、インド政府が先週にゲームなど117本の中国製アプリを禁止したことを受けて、中国ゲーム大手のTencent Games(テンセント・ゲームス)がインドでの配信パートナーではなくなると発表した。8月8日の発表前まで、Tencent GamesはインドでPUBG Mobileを配信していた。

PUBG Corporationは、「今後は、PUBG Corporationがインド国内での配信についてすべての責任を負うことになります。近い将来、インドで独自のPUBGを提供する方法を模索し、ファンのためにローカライズされた健全なゲームプレイ環境を維持することで実現することを約束します」声明で述べている。そして、インドでこれまでに最も人気のあるモバイルゲームであるPUBGは「最近の禁止を取り巻く状況を積極的に監視している」とし、「インドの熱狂的なプレイヤーとの係わり合いに尽力している」と続けた。

インド政府は先週、プライバシーとセキュリティの懸念を理由に118本の中国製アプリを禁止した。この動きは、6月に同様の理由でTikTokを含む60本近くの中国製アプリを禁止したことに続く動きだ。インドはいずれの禁止命令にも中国の名前を具体的に挙げていないが、その動きは2つの核保有国間の地政学的緊張に起因している。

最も人気のあるモバイルインサイト企業によると、PUBGはインドで月間アクティブユーザー数が約4000万人で、収益ではNetflixやTinderを抜いてトップアプリとなっていた。韓国に本社を置くPUBG Corporationは「PUBG Corporationは、プレイヤーデータのプライバシーとセキュリティは同社にとって最優先事項であるため、インド政府が採った措置を完全に理解し、尊重しています。インド政府と手を取り合って、インドの法律や規制を完全に遵守しながら、ゲーマーが再び戦場に足を踏み入れることができるような解決策を見つけたいと考えています」とコメントしている。

Google(グーグル)とApple(アップル)はインド政府の命令を受けて、PUBGのゲームやほかのアプリをそれぞれのアプリストアから削除した。しかし、TikTokなどの禁止されたアプリとは異なり、PUBGはインド国内の既存ユーザーはまだプレイできると複数のユーザーが語っている。しかし、この状況ははすぐに変わるかもしれない。

テンセントは「PUBG MOBILE Nordic Map: Livik」と「PUBG MOBILE Lite」のPUBGシリーズの開発にも関わっているようで、インドでの問題をさらに複雑にしている。

インドのゲーム市場の長年のアナリストであり、ニュースメディアの「Mako Reactor」を運営しているRishi Alwani(リシ・アルワニ)氏は「アプリの配信についてPUBG Corporationに移管されるかもしれないが、ゲームの開発はテンセントが担当するのだろうか?もしそうだとしたら、インドのデータプライバシー法に違反することになるのではないだろうか?テンセントがまだゲームを開発している場合、この動きは応急処置ように見える」とツイートしている。

関連記事
インドが中国関連アプリさらに禁止、PUBGやBaiduほか100種以上に拡大
インド政府がTikTokなど中国企業の59のアプリを禁止すると発表

カテゴリー:ゲーム / eSports

タグ:インド PUBG Tencent Games

画像クレジット:Ajay Kumar / SOPA Images / LightRocket / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)