アップルがOprah’s Book Clubシリーズを公開してポッドキャストの活用を拡大

次の記事

TikTokは今ユーザーの「レコメンド」ページから悪質なビデオを排除中

Apple(アップル)はポッドキャストへの投資を拡大している。米国時間9月8日、Apple BooksとOprah Winfrey(オプラ・ウィンフリー)氏は「Oprah’s Book Club」ポッドキャストの公開を発表した(Appleプレスリリース)。オプラ氏が本を紹介するOprah’s Book Clubで取り上げられたベストセラーで、ピューリッツァー賞を受賞したジャーナリストのIsabel Wilkerson(イザベル・ウィルカーソン)氏が書いた「Caste: The Origins of Our Discontents」に関連するテーマを8本のエピソードで探る。このポッドキャストは、アップルのストリーミングTVサービスであるApple TV+との初のクロスオーバーとなる。

2020年1月、アップルはApple TV+の番組と関連するオリジナルのポッドキャストの制作を計画しているとにBloombergは報じた。ポッドキャストはApple TV+のコンテンツと連携して提供され、Apple TV+オリジナル作品の成長に活用されると見られていた。

ポッドキャストを開発中であるという記事は、ほかにもあった。例えばApple TV+のアンソロジーシリーズ「リトル・アメリカ」のエグゼクティブプロデューサーであるLee Eisenberg(リー・アイゼンバーグ)氏Forbesとのインタビューで、この番組にはオリジナルのポッドキャストもあると述べていた。しかしそのポッドキャストはまだ公開されていない。

アップルはOprah’s Book Club以外のポッドキャストについてはコメントしなかった。

とはいえ、Oprah’s Book Clubが新たな拡張の始まりであることは明らかだ。

画像クレジット:Apple Podcasts、スクリーンショット作成はTechCrunch

アップルは現在、Oprah’s Book ClubシリーズをApple TV+でストリーミング配信している。アップルは、このブッククラブのコンテンツをさまざまなチャネルで宣伝できる。新しいポッドキャストシリーズに加え、オプラ氏が選んだ本はApple Booksで購入できるし、Apple Booksでディスカションガイドも利用できる。Apple Newsで「Caste」からの引用を限定で読んだり聴いたりすることもできる。Apple Music Radio(以前のBeats 1)でも著者インタビューを公開している

新たに公開されたポッドキャストの最初のエピソードでは、著者のウィルカーソン氏が『Caste』を書いたきっかけや、社会には人種差別について語る新しい方法が必要だという同氏の考えがとり上げられている。アップルによれば、今後のエピソードは著書に書かれているカースト制度の具体的な要点を語るものになるという。新しいエピソードは9月8日を皮切りに、今後週に2回、火曜日と木曜日に公開される。

Spotify、Pandora、Amazon(アマゾン)といった競合はポッドキャストに対してかなり力を入れているが、アップルはこれまでポッドキャストにあまり投資してこなかった。Spotifyは数百ものオリジナルプログラムや限定プログラムをユーザーに提供している。SpotifyはGimlet、Parcast、Anchor、The Ringerといったポッドキャストネットワークやスタートアップも買収した。

Pandoraは親会社であるSiriusXMの資産を活用してトークショーをポッドキャストにしたり(未訳記事)、ポッドキャストと音楽の新しいフォーマットであるPandora Storiesを開発したりしている(未訳記事)。アマゾンはAudibleのポッドキャストをプレミアムコレクションとしてまとめ、プライム会員に提供している。

一方のアップルは、Apple Keynotesや四半期ごとの業績発表といった一般的な企業活動をポッドキャストとして公開している。Apple Storeでは以前にポッドキャストをテーマにしたイベントを開催していたが、アップデートされていない。Apple Newsは「Apple News Today」をプロデュースしている。Apple Musicは「The Zane Lowe Interview Series」や「Songs for Life」をプロデュースし、Apple Musicでもストリーミング配信している。

Apple Booksはオプラ氏のポッドキャストの共同制作者であって、Apple TV+の共同制作者ではない。したがって、Apple TV+と連携した初のシリーズとして「正式に」カウントすべきではないかもしれないことは付記しておきたい。

Spotifyの取り組みとは異なり、アップルのポッドキャストはまさにポッドキャストだ。すなわち、Apple Podcastsで無料で聞くことができ、ポッドキャスト形式の条件であるRSSを利用してほかのポッドキャスト聴取アプリに追加することができる。

カテゴリー:ネットサービス

タグ:Apple ポッドキャスト

原文へ

(翻訳:Kaori Koyama)