NASAや米空軍も支援する宇宙産業向けアクセラレータープログラムのデモデイは日本時間9月10日午前3時ライブ開催

次の記事

5G iPhone発表か?アップルのスペシャルイベントは日本時間9月16日午前2時にバーチャル開催

Techstars Starburst Space Acceleratorの2020年クラスは、米国太平洋標準時9月9日水曜日の午前10時32さ(日本時間9月10日午前3時)に公式デモデーで卒業する。今年のクラスには、商業空間に直接または間接的に関連する課題に対して革新的な新しいソリューションを構築している10社が参加している。

Techstars Starburstは、NASAのJPL、米国空軍、ロッキード・マーチン、マキサー・テクノロジーズ、SAIC、イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ・ノースアメリカ、エアロスペース・コーポレーションなど、民間企業と公的機関の両方から多くから強力な支援を受けているプログラムだ。マネージングディレクターのMatt Kozlov(マット・コズロフ)氏がこのプログラムを率いており、例年は宇宙産業の多くの重要拠点があるロサンゼルスで開催していたが、今年は新型コロナウイルスの感染蔓延が続いているため、デモデイはオンラインで開催される。

商業、軍事、一般市民宇宙の各分野の著名なパートナーが、利害関係者の観点からこれほど幅広く参加しているプログラムはほとんどなく、この点がさまざまな興味深いスタートアップを引きつける主な理由だ。昨年は、TechCrunch Battlefieldの参加者でもある軌道上給油会社のOrbit Fab超小型イメージング衛星会社のPixxel衛星推進会社のMorpheusなどの優秀な企業が参加していた。

今年のクラスについては、以下で参加企業10社をチェックできる。デモデイのプレゼンテーションは明日9月9日午前10時、午後1時(日本時間9月10日午前3時、午前6時)から始まるので、彼らが何をしているかの詳細をライブでチェックしてほしい。

Bifrost
合成データAPIにより、AIチームが独自のカスタムデータセットを最大99%高速に生成することが可能。
founders@bifrost.ai

Holos Inc.
カリキュラムデザイナーが没入型の学習体験を簡単に作成・展開できるようにするバーチャルリアリティコンテンツ管理システムを開発。
founders@holos.io

Infinite Composites Technologies
宇宙で最も効率的なガス貯蔵システムを開発。
founders@infinitecomposites.com

Lux Semiconductors
次世代のシステムオンフォイルエレクトロニクスを開発。
founders@luxsemiconductors.com

Natural Intelligence Systems, Inc.
次世代パターンベースのAI/MLシステムの開発。
leadership@naturalintelligence.ai

Prewitt Ridge
困難なディープテックプロジェクトを構築するチームのためのエンジニアリングコラボレーションソフトウェアを開発。
founders@prewittridge.com

SATIM
衛星レーダーに基づく情報を意思決定者に提供する。
founders@satim.pl

Urban Sky
成層圏マイクロバルーンを開発し、新鮮で高解像度の地球観測データを取得。
founders@urbansky.space

vRotors
リアルタイムの遠隔ロボット制御
founders@vrotors.com

WeavAir
空気に関する先見の技術を持つ。
founders@weavair.com

画像クレジット:Techstars Starburst Space Accelerator(YouTube動画のキャプチャ)

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)