NASAが商業月面輸送パートナー各社に新規貨物輸送の入札を募集

次の記事

「ムーラン」の配信でDisney+アプリのダウンロード数が前週比68%増加、7月の「ハミルトン」には及ばず

NASA(航空宇宙局)は、同局の商業宇宙パートナーによる月への貨物輸送を増やしたいと思っている。同局は2022年中に月に届ける必要のある科学技術貨物打ち上げの入札募集を行った(NASAリリース)。これは2024年に計画されているNASAのアルテミス有人月面着陸ミッションに向けた準備の一環でもある。

以前NASAは、月面への「ラストワンマイル」を担当する月面着陸機の提供という特殊なサービスを提供する承認済みメーカー集団を作るために、商業月面輸送サービス(CLPS)プログラムを立ち上げた。現在参加メーカーは14社を数え、Astrobotic(アストロボティック)、Blue Origin(ブルー・オリジン)、Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)、SpaceX(スペースX)、Firefly(ファイアフライ)らが名を連ねる。各社は指定された貨物を月面に運ぶための契約に入札する資格を持つ。

NASAはこのCLPSプログラムの下ですでに2組の貨物輸送を契約しており、2021年6月に予定されているAstroboticのPeregrine Mission One、同年10月のIntuitive Machines IM-1、2022年12月のMastern社のMission Oneおよび2023年中に予定されているAstroboticのVIPERミッションという計4回の打ち上げが計画されている。

このラウンドの新規貨物には、月面表土付着検査装置、X線撮像装置、電場相互作用による防塵装置、および月面標本を地球に持ち帰って詳細に検査するための最新月面吸引装置など、さまざまな科学機器が含まれている。

CLPSに参加しているNASAの民間パートナー各社は、新たな10種類の実験・演示装置輸送の入札に参加することが可能で、2022年中に輸送することが目標だ。NASAはこのコンテストの勝者を2020年中に選ぶ予定だ。

関連記事
Rocket Labが密かに打ち上げた初の人工衛星「First Light」とは?
SpaceXが2022年にMasten製の月面着陸機「XL-1」を初打ち上げへ、月の南極点へペイロード運ぶ

カテゴリー:宇宙

タグ:NASA

画像クレジット:Intuitive Machines

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook