データ特化クラウドのSnowflakeがIPOで約2.5兆円の評価、セールスフォースとバークシャーハサウェイも出資

次の記事

Disrupt 2020でVCの現状について語られる必見のセッション

Sumo LogicとJFrogによる新規申請(未訳記事)の直後に、データに特化したクラウドサービスの強みをベースに公開を目指すSnowflake(スノーフレーク)がIPOの仮条件の範囲を設定した(米証券取引委員会資料)。ユニコーンの同社にはベンチャーキャピタルが投資している。

IPOでの株価の目標は1株当たり75~85ドル(約8000~9000円)だ。同社のバリュエーションは209~237億ドル(約2兆2600億~2兆5100億円)ということになる。未公開企業としては巨額だ。同社はIPOで27億ドル(約2900億円)以上を調達する可能性がある。

Snowflakeが今年初めのシリーズGで4億7900万ドル(約510億円)相当を調達したときのバリュエーションは約125億ドル(約1兆3200億円)だった。

同社のバリュエーションには2件の私募増資が織り込まれている。よく知られたCRMプレーヤーであるSalesforce(セールスフォース)と、80~90年代の投資リターン、Cherry Coke(チェリーコーク)氏、Charlie Munger(チャーリー・マンガー)氏のユーモアで有名なBerkshire Hathaway(バークシャーハサウェイ)の両方からそれぞれ2億5000万ドル(約270億円)の出資だ。

冗談はさておき、セールスフォースがIPOに関与していることは注目に値するが衝撃的とは言えない。一方、暴力的とも言える歴史的損失を計上したBerkshireがSnowflakeの公開市場デビューに参加するのは衝撃的だ。

S-1/Aに記載された今回の建て付けは以下のとおりだ。

株式公開のクロージング直後に「同時私募増資」のセクションに記載のクロージング条件に従い、Salesforce VenturesおよびBerkshire Hathawayが私募増資により発行されるクラスA普通株式を2億5000万ドル、株式公開における公募価格と同じ1株当たり価格で引き受ける。Salesforce VenturesおよびBerkshire Hathawayは、本目論見書の表紙に記載の価格帯の中間値である1株当たり80.00ドルの想定公募価格に基づき、クラスA普通株式312万5000株を引き受ける。

さらにBerkshire Hathawayは、セカンダリートランザクションにおいてクラスA普通株式の404万2043株を株式公開のクロージング直後の公募価格と同じ1株当たりの価格で引き受けることに同意した。

2つ目の段落は、Berkshireが実際にさらに多くの株を求めた結果、合計購入価格が5億ドル(約530億円)を超える可能性があることを明らかにしている。

Snowflakeの魅力は何か。TechCrunchでは同社が申請したときに少し書いた(未訳記事)が、要は同社が著しい成長を遂げ、粗利益率が向上し、損失を劇的に削減したためだ。それらが価値あるIPOにつながり、Buffett(バフェット)氏を魅了するに至った。

いずれにせよ、ここ米国で今年最大のIPOになる可能性があり(Airbnbの状況による)非常にエキサイティングだ。

関連記事:安売り通販王のWishが非公開で上場準備書面提出、ロジスティクス問題にも対処中

カテゴリー:ネットサービス

タグ:新規上場 Snowflake クラウドコンピューティング

画像クレジット:dolgachov / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi