Xbox Series Xは約5.3万円で米国で11月10日発売、予約開始は9月22日

次の記事

アップルがOprah’s Book Clubシリーズを公開してポッドキャストの活用を拡大

Microsoft(マイクロソフト)は、米国時間11月9日の水曜日に次期モデルのゲーム機「Xbox Series X」 を499ドル(約5万3000円)で発売することを認めた。

同ゲーム機は9月22日から予約受付が開始され、Xbox Series Xだけでなく廉価モデルの「Xbox Series S」も発売される。Xbox Series Sの価格は299ドル(約3万2000円)で、11月10日に発売され、予約注文は9月22日から始まる。

Xbox Series X は、Xbox Oneのハイエンドモデルとなる後継機で、8コアのカスタムCPU、16GBのメモリー、12テラフロップスの処理能力を持つGPU、超高速なロードと転送速度を実現する1TBのNVMe SSD、および60/120fpsの両方で最大4K解像度をサポートするなど、非常に印象的なスペックを誇る。

Series Sは低消費電力な廉価モデルで、物理ディスクドライブを搭載せず、60fps/最大1440p解像度をサポートし、512GBのNVMe SSDを含むより低いスペックとなる。なおSeries Sは、Series Xと同じCPUを搭載する。マイクロソフトが新世代コンソールにおいて、予算重視なゲーマーとプレミアムゲーマーの両方にアピールしたいと考えているのは明らかだ。

今週初めには、Xbox Series Sのオフィシャルティーザー画像とトレーラーが、価格情報とともにリークされた。マイクロソフトはその後にこれらの詳細を確認し、低価格かつ非常にコンパクトなSeries Sの発売予告を公開したが、これまでSeries Xと同じ発売日に発売されるかどうかもわからなかった。さらに、499ドルという価格も本日初めて明らかにされた。

Xbox Series Xは、マイクロソフトのXbox All Accessサブスクリプションを通じて、2年間にわたり月額34.99ドル(約3700円)で提供される。Series Sは分割払いでも入手可能で、同じ24カ月間で月額24.99ドル(約2700円)だ。これらのサブスクリプションには 「Xbox Game Pass Ultimate」 も含まれており、ハードウェアの支払い期間中に同社のサブスクリプションゲームライブラリにアクセスできる。

関連記事:マイクロソフトが約3万円の次世代コンパクトゲーム機「Xbox Series S」の存在を認める

カテゴリー:ゲーム / eSports

タグ:Microsoft Xbox

画像クレジット:Microsoft

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter