5G対応の折り畳みスマートフォン「Motorola Razr」が約15万円で登場

次の記事

Xbox Series Xは約5.3万円で米国で11月10日発売、予約開始は9月22日

昨年のMotorola Razr(モトローラ・レイザー)の復活(未訳記事)は失敗だった。象徴的な名前が最先端のフォームファクタに付けられていたのに、何が間違っていたのだろうか?折り畳み式の世界では、計画どおりにいかないことが多い。いくつかの疑わしいデザインの選択により、評価の低いデバイスが生まれ、折り畳み式モデルの先行きの不透明感が続いている。

しかし今週、Razrが再復活を果たした。今回のモデルは洗練されている。「New Razr With 5G」のローンチを発表したブログ記事の中で、Lenovo(レノボ)が所有するブランドであるMotorola(モトローラ)は「我々は、消費者が自分のデバイスに縛られていると感じていて、その瞬間を生きながら常につながっていられる方法を望んでいることを理解している」と記している。広報担当者はTechCrunchに対して、以下のようなもう少し具体的なコメントも残した。

我々は折り畳み式のシステムに自信を持っています。Razrの最初のバージョンからほとんど同じ技術を使っています。Razrのハードウェアデザインを5G対応に進化させる一方で、消費者からの直接的なフィードバックに基づいて、機械的な分野の改良をに焦点を当てました。

つまり新しいRazrは、消費者のフィードバックが作り上げたデバイスなのだ。しかも今回は5Gに対応している。これはサムスンが先日発表したGalaxy Foldの新バージョンにも通じるものがある。業界の大方の予想どおり、折り畳み式デバイスの最初のラウンドは、一般的に第1世代のデバイスに起因する問題の多くに直面するだろう。具体的には、第1世代の評価時に問題点とされたヒンジ部分の改良を意味する。

前モデルでのもう1つの問題点でもあったカメラも改良されている。新モデルでは、クワッドピクセルの4800万画素のセンサーを備えており、低照度撮影が改善され、オートフォーカスが高速化されている。クワッドピクセル(Quad Pixel)とは、隣接4画素に同色のカラーフィルターを採用することで高感度と高解像度を両立する技術だ。さらに2000万画素のカメラも搭載する。

バッテリーは前モデルの2510mAhから2800mAhに増えている。同社はバッテリーは「一日中」持つと説明しているが、5G利用時に実際にどうなのかは検証する必要があるだろう。バッテリー容量を最大限に活用するとなると、薄さに対する要求が壁になったのではないかと思う。。

New Razr With 5Gは、Qualcomm(クアルコム)のSnapdragon 765Gプロセッサを搭載する。前モデルはSnapdragon 710で、新モデルも同様にミッドレンジのプロセッサーだが、今回クアルコムは次世代ワイヤレス機能である5Gを搭載して普及を加速させようとしている。

1400ドル(約15万円)という価格は前モデルより100ドル安いが、スマートフォンとしては高価であることに変わりはない。もちろん折り畳み式スクリーンにコストがかかっているのだが、コストを考えるとミドルレンジのプロセッサの採用は当然かもしれない。とはいえこの価格では、すべてが最新かつ最高のものでなければならないだろう。

新しい新しいRazrは秋に発売される。

関連記事:モトローラが約4.2万円の格安5Gスマホを欧州向けに発表、米国向けには約5.4万円以下の端末を今秋投入

カテゴリー:ハードウェア

タグ:モトローラ スマートフォン 5G

画像クレジット:Motorola

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)