PostmatesがNFL初の公式オンデマンドフードデリバリーパートナーに

次の記事

T-Mobile回線利用の格安プリペイドスマホ「Mint Mobile」のCMにリック・モラニスが登場

ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)は初のオンデマンドフードデリバリーパートナーにPostmates(ポストメイツ)を指名する。

この提携は複数年のスポンサーを意味し、Postmatesはスーパーボウルのスポンサーにもなる。Kansas City Chiefs(カンザスシティ・チーフス)が本拠地にHouston Texans(ヒューストン・テキサンズ)を迎えて行われる試合でシーズンが開幕するが、Postmatesは15 and the Mahomies基金を通じてチーフスのPatrick Mahomes(パトリック・マホームズ)選手、そしてテキサンズのDeshaun Watson(デショーン・ワトソン)選手とタイアップする。両クォーターバックが敵対チームの本拠地の医療機関で働く人に食事の配達を指示する、というものだ。

NFLの事業開発担当副社長Nana-Yaw Asamoah(ナナ-ヤウ・アサモア)氏が声明文で指摘したように、今シーズンは多くのファンがスタジアムや地元のスポーツバーではなく家で試合を観戦することになる。そのため、今年のフードデリバリーとのパートナーシップというのは特に最適のようだ。

「ファンは今シーズン、これまでより家のソファからNFLフットボールを観戦することになり、NFL初の公式オンデマンドフードデリバリーパートナーとしてPostmatesとの連携は最高の組み合わせだ」とアサモア氏は述べた。「Postmatesがシーズンを通じてNFL体験を我々のファンの玄関先に直接届けることを嬉しく思う」

Postmatesは以前、Dodgers(ドジャーズ) Yankees(ヤンキース)など個々のメジャーリーグ野球チームと提携していた。同社はまた、来年クローズが見込まれるディールでUberに買収される(未訳記事)。

画像クレジット: Postmates

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi