Quantum Machines(企業)
Q-CTRL(企業)

Q-CTRLとQuantum Machinesが提携、量子コンピューティング開発を加速

次の記事

完全自動化農場のIron OXが約21億円調達、全米配達も計画

Q-CTRLとQuantum Machines(カンタム・マシンズ)は量子制御分野で最もよく知られている2大スタートアップだ。米国時間9月9日、両社は新たな提携関係を結び、Quantum MachinesはQ-CTRLの量子ファームウェアを自社のハードウェア/ソフトウェアソリューションであるQuantum Orchestrationに統合すると発表した。

量子コンピューターの開発にはきわめて特殊な知識が必要なので、選り抜きのスタートアップ同士が協力するのは驚きではない。今回の提携はその典型例であり、今後このような提携が増えることが予想される。

「量子コンピューティングの魅力は、膨大なコンピューティングパワーであり、それを提供するべき量子コンピューターは存在してはいるが、まだ能力を引き出せていない。本格的な量子コンピューターはまだない」とQuantum Machinsの共同創業者兼CEOであるItamar Sivan(イタマール・シヴァン)氏は語る。

画像クレジット:Quantum Machines

これまで長い期間、プロセッサの開発、量子ビット(qubits)の寿命延長、古典的制御ハードウェア、ソフトウェアの開発といった基礎的な課題に焦点が当てられてきた。しかし、真の難題はこのすべてをまとめ上げることだ。

「これは多層的で多くの専門分野にまたがる非常に複雑な課題であり、量子コンピューターの夢を現実にするためには、高度に集中し高度に専門化された分野が密に協力して仕事をする必要がある」とシヴァン氏。

Quantum Machinesは、専用の従来型ハードウェアを使って複雑なアルゴリズムを量子コンピューターで動作させるQuantum Orchestrationというプラットフォームを通じて、統合されたソフトウェア、ハードウェアスタックを提供している。一方Q-CTRLが提供している量子制御基盤ソフトウェア(基本的に量子コンピューターのファームウェア)は、ユーザーがプロセッサーを較正してノイズやそのために起こるエラーを減らすために使用される。

シヴァン氏とQ-CTRLの創業者兼CEOのMichael J. Biercuk(マイケル・J・ビアクック)氏はしばらく前から知り合いだったことが役に立ったのは間違いない。。量子スタートアップの世界が広くないことを考えれば不思議ではないだろう。しかし、2つのテクノロジーは生来の補完関係にあることも事実だ。

「Quantum Machinesの作っていた量子コントローラーとパルスプロセッサー、およびQ-CTRLが作っていた量子制御ソリューションを使ってそれぞれのチームが解いていた問題に不思議なつながりがあることを我々は知っていた。そして、私には最近20年間この分野の学界にいた経験があり、私の学術研究チームは量子コンピューター・ハードウェアを作っている」とビアクック氏は。「こうした経験と、私がスタートアップを立ち上げようとした経緯から『すべてを自分で作ろうとするDIY方式と完全な垂直統合』という学界ではごく普通のやり方がこの世界では通用しないことはわかっていた」と続けた。

「この提携は自然な選択ではあったが、ここに至るためにはそれぞれのテクノロジーが成熟状態に達している必要があった」と両氏。提携は排他的なものでもなく、それはこの分野がまだまだ流動的であることを踏まえると十分理にかなっている。

関連記事:米政府がAIと量子コンピューティングに1000億円超の投資を発表

カテゴリー:ハードウェア

タグ:量子コンピューター Q-CTRL Quantum Machines

画像クレジット:CIPhotos/ Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook