アマゾンがAlexa Printを米国でローンチ、レシピやゲーム、教材を声で印刷できる

次の記事

NASAが「月の石」採取を民間企業に依頼、地球への持ち帰りは不要

Alexaはプリンターも操作できるようになった。Amazon(アマゾン)は米国時間9月10日、Alexa(アレクサ)で印刷できる新しい機能を発表(Printing with Alexaページ)した。Echo(エコー)端末を持っている人なら、AlexaのTo Doリスト、レシピ、週ごとのカレンダー、子ども向け教材、さらには数独やクロスワードパズル、迷路などのゲームも音声コマンドで印刷できるようになる。

この機能は、第2世代以降のEcho端末と、HP、ブラザー、キヤノン、エプソンなどから発売されているIPP対応プリンターで利用できる。手持ちのプリンターが対応しているか不明な場合は「Alexa, discover my printer」(私のプリンターを探して)と口頭で質問すると確認できる。対応プリンターは追々増やしていくと同社では話している。

一部の印刷コンテンツは、Alexa自身からも提供される。例えば、今でも紙のメモの愛用者が多いTo Doリストや買い物リストなどだ。

だが現在、Alexaが印刷できるコンテンツの大半はサードパーティーによるものとなる。同社は、Alexaのスキルメーカー、Allrecipes(オールレシピズ)、Los Angeles Times(ロサンゼルス・タイムズ)、JumpStart Academy(ジャンプスタート・アカデミー)と協力して、学習用プリント、パズル、塗り絵、レシピなどが印刷できるようにしている。

つまり、「Alexa、クロスワードパズルを印刷して」とか「Alexa、1年生の足し算の問題集を印刷して」とか「Alexa、チキンのレシピを印刷して」などと命令できるわけだ。コマンドの全リストはこちら

この音声コマンドには、他のコマンドよりも便利なものがある。「先週の日曜日のクロスワード」を印刷した後に、「先週の日曜日のクロスワードの正解」も印刷させることができるので、新聞の購読を止めてしまったがクロスワードだけは楽しみにしていたという人には嬉しい。ただし、Alexaに「サーモンのレシピを印刷して」などと命令しては、何が現れるかわからない。普通は特定のレシピを知りたいのであって、レシピの提案一覧で紙とインクを無駄にしたいとは思わないだろう。

学校に通う子どもたちにも有り難いコマンドがある。Alexaは、グラフ用紙や罫線入りの用紙を印刷できる。1枚使うためだけに、またはちょっと足りなくなったときなどに、ノートをまるごと1冊買う必要がなくなる。ホームスクールの教師や両親にも、リモート学習の補助教材として算数の問題集を印刷できるなど、役に立つ。

Alexa Print機能は声で有効にできるが、Alexaアプリで「Add Devices」(デバイスを追加)を開き、「Printer」(プリンター)を選択して有効にできる。

プリンターに接続されると、Alexaはプリンターのインクやトナーの量の情報を受信できるようになるため、少なくなったときにメールや声で知らせてくれる。この通知はデフォルトで有効になっているが、Alexaアプリのデバイスの設定ページにある「Status」(ステータス)で変更できる。

また、スマート・リオーダーを設定しておけば、インクやトナーをアマゾンから1割引で自動購入ができる。インクやトナーが少なくなると自動的に商品が送られてくるわけだが、最初にAlexaアプリでそのように設定しておく必要がある。

つまり、Alexa Printは、単にEchoオーナーの印刷を楽にするだけのものではない。新型コロナウイルスの流行が続く中、自宅勤務やリモート学習の広がりを利用した新たなeコマースの売上げを創出する手段ともなっている。

画像クレジット:Amazon

[原文へ]

(翻訳:金井哲夫)