Magic Shields
ころやわ

⾻折予防床材「ころやわ」開発・販売のMagic Shieldsが約4000万円を調達、量産性向上と事業拡⼤を目指す

次の記事

ホームページ制作SaaSのペライチがラクスルから4.9億円を調達

⾻折予防床材「ころやわ」シリーズを開発・販売するMagic Shieldsは9月11日は、事業拡⼤を⽬的に約4000万円の資⾦調達を実施したと発表した。引受先はIDATEN Ventures、守屋実氏(守屋実事務所 代表)、⼤冨智弘氏(ティルス 代表取締役)。

同社は「世界から怪我を無くす」を企業理念に、グロービス経営⼤学院の研究プロジェクトから創業し、2019年11⽉に法⼈化。その後、東⼤IPC 1st Round 第2回などの⽀援を受け事業を進めてきた。今回調達した資⾦は、主⼒事業である医療機関・介護施設向けの⾻折予防対策床材「ころやわPro27」の量産性向上に投資し、販売拡⼤に取り組むとしている。