チャット相談サービス「メンヘラせんぱい」がキャバ嬢と臨床心理士に相談できる新プランを提供

次の記事

今週の記事ランキング(2020.9.6〜9.10)

メンヘラテクノロジーは9月11日、チャット相談サービス「メンヘラせんぱい」において、2020年キャバ嬢と臨床心理士に相談できる新プラン「メンヘラせんぱい SP.」をリリースした。

メンヘラせんぱい SP.では、キャバ嬢・臨床心理士・公認心理師の中から、好きなせんぱいを選んでチャットで相談できる。料金は30分1000円から。

メンヘラせんぱいは、辛いときにいつでも安心して使えるチャット相談サービス。相談に乗ってくれるのは、選考テスト(通過率約20%)をクリアした聞き上手な女性ユーザー。先輩に相談するような感覚で安心して利用できるという。また、2020年9月時点での対象顧客は女性のみで、2020年夏頃には性別の制限をなくす予定。

これまで同サービスの主な利用目的は「話を聞いてもらうこと」だったが、「具体的なアドバイスがほしい」というニーズにも応えられるよう、新プランとしてメンヘラせんぱい SP.をリリースした。

キャバ嬢せんぱいの特徴は、現在もしくは過去3ヵ月以内に、キャバクラ・スナック・ラウンジなどで働いていた、盛り上げ上手な女性。キャバ嬢せんぱい・ぼたんさんの場合は、ホステス歴6年で、現在も高級クラブで働いているという。

臨床心理士せんぱいの特徴は、臨床心理士・公認心理師の資格を保有しており、専門的な知識を使った対応が可能な女性としている。臨床心理士せんぱい・ももさんの場合は、スクールカウンセラーとして学生さんの相談にのったり、心療内科・精神科のクリニックでカウンセリングをしてきたという。

なお、リリースに先立ち募集していたメンヘラせんぱい SP.のモニターは、2020年9月27日まで応募可能。応募条件は、女性・9月中にメンヘラせんぱい SP.を体験可能な方・体験後のアンケートに協力できる方。詳細は「メンヘラせんぱい SP. モニター応募」を参照。

メンヘラテクノロジーによると、メンヘラが落ち込んだり、辛くなったとき、すぐに安心して相談できる相手がいないという課題があるという。公共団体やNPOが運営する無料の相談窓口もあるものの、相談の受け手の負担が大きいこともあり、受け手が非常に不足している状況にある。このような背景を踏まえ、メンヘラテクノロジーでは、いつでもすぐに、安心して利用できるチャット相談サービス「メンヘラせんぱい」の開発に取り組んでいるという。

2018年8月設立のメンヘラテクノロジーは、「幸せに病める世界をつくる」を夢に掲げ、サービスの開発に挑戦しているスタートアップ企業。落ち込んだり、辛くなったり、悲しかったりすることは人間にとって大事なことだと考え、「病む」ことや「メンヘラ」であることを受け入れ、幸せになれる方法を模索している。

関連記事
メンタルヘルスAIサービス開発のemolと第一生命がアプリ内会話内から保険商品を推薦する実証実験を開始
オンデマンドメンタルヘルスサービスのGingerが53億円調達、新型コロナで需要増
Daybreak Healthが10代向けオンラインメンタルヘルス治療を開始
メンタルヘルスをタブー視するアジアの文化に挑むIntellect