ペライチ

ホームページ制作SaaSのペライチがラクスルから4.9億円を調達

次の記事

RDNAアーキテクチャのモバイル向けGPU「Radeon RX 5000M」でライバルを追撃するAMD

ペライチは9月10日、第三者割当増資により、4.9億円の資金調達を実施したと発表した。引受先はラクスル。調達した資金をもとに、ホームページを制作できるSaaS「ペライチ」の事業拡大および採用強化を進める予定。

ペライチとラクスルは両社の顧客基盤の親和性が高く、ラクスルの印刷ECサービスを利用している顧客に対し、ウェブ予約・決済サービスを利用してもらうなど、企業/サービス間で相互に補完することで、両社の成長を互いにサポート可能と考えているという。

2014年4月設立のペライチは、「『つくれる』のその先へ」というビジョンのもと、「誰でも・カンタンに・素早く」ホームページを制作できるSaaS「ペライチ」を開発・運営。ウェブ予約・決済などDXに必要な機能が一通り揃っており、かつリーズナブルな価格で利用できるという。2015年のリリース以降、40代・50代のユーザーを中心に中小企業の経営者・個人事業主が利用しており、2020年3月時点で会員登録数が22万を突破した。

また、ユーザーをサポートする「47都道府県サポーター制度」を運営。総勢300名を超えるペライチのプロが、日本全国でホームページ制作セミナーや勉強会を開催するなど、様々なサポート体制をとっており、どんな方でも「つくれる」という体験を提供できるとしている。

2009年9月設立のラクスルは、「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」という企業ビジョンのもと、印刷や物流、広告といったデジタル化が進んでいない伝統的な産業に、インターネットを持ち込み産業構造を変え、より良い世界にすることを目指している。現在、印刷・集客支援のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」と、物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」、広告のプラットフォーム「ノバセル」のサービスを提供している。