CYLOOK
REJECT

プロeスポーツチーム「REJECT」運営のCYLOOKが総額5000万円を調達

次の記事

ポーラとANAが宇宙でも使える化粧品を共同開発、2023年の商品化を目指す

プロeスポーツチーム「REJECT」運営のCYLOOKは9月11日、シードラウンドにおいて、昨年12月からこれまでに累計5000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先はEast Ventures、iFund、ほか個人投資家。調達した資金は、選手のサポート体制やブランディングの強化、事業拡大に利用する。

REJECTは、2018年発足のプロのeスポーツチーム。世界的に人気のシューティングゲームタイトルを主に取り扱っており、現在はPUBG、PUBGMOBILE、CoD、CoDMOBILE、R6S、ApexLegends、VALORANTの7タイトルの部門を保有。 モバイルシューティングゲームでは日本トップの実績を重ねており、「PUBGMOBILE」部門では、5大会連続で日本代表として世界大会に出場中。

関連記事
インタビュー: 社会人プロゲーマー5年目を迎えた「ネモ」氏が見るeスポーツの世界
NTTドコモとPUBG JAPANが「PUBG MOBILE」公式eスポーツ大会開催、賞金総額1000万円
新型コロナで絶好調のゲーム業界がさらに成長
神戸市が国内eスポーツ普及を推進、シニアの健康管理にも活用へ
eスポーツをオリンピック公式種目にすべき理由
Twitchは第2四半期に総視聴時間50億時間を突破し記録更新、先行きには不安材料も