ロケット打ち上げスタートアップAstraの最初の打ち上げは第一段階の燃焼失敗、あと2回のテスト飛行で軌道上を目指す

次の記事

インドでフードデリバリー事業を展開するZomatoが100億円超を調達しIPOに向けて準備

米国カリフォルニア州アラメダを拠点とするロケット打ち上げスタートアップのAstra(アストラ)は、天候やその他の問題のために何度も計画を遅延した後、米国時間9月12日にアラスカを拠点とする施設から最初の軌道上テストミッションを打ち上げる機会をようやく得た。

米国太平洋標準時午前8時19分(日本時間8月13日午前0時19分)に行われたAstraの「Rocket 3.1」試験機の打ち上げは成功したが、軌道に乗るずっと前の第1段階のエンジン燃焼中に飛行は終了した。

Astraはこのフライトで、軌道に到達することをいきなり目指していたわけではない。同社は、今回を含む3回以内のテストフライトで軌道に到達することを目標としており、今回の最初のミッションの前には「主な目標は第一段階での良好な燃焼に達すること」だと述べていた。実施には第一段階の燃焼までは到達しなかったが、同社は取得したデータの最初の評価を踏まえ「ロケットは非常によく機能した」とブログに書いている。

ミッションは早期に終了したように見えるもののためにそれが上昇すると、ロケットの不要な前後のふらつきのビットのために、アストラは言った、車両の自動安全システムによってエンジンの停止を引き起こした。これは、アストラが安全な故障を確実にするために取った手順が設計通りに機能していることを意味するので、実際には良いニュースでもあります。上のビデオでは、ロケットのエンジンのライトが飛行中に消え、しばらくして地上に衝突して火の玉が発生しているのがわかります。
Astraによると「ロケットが上昇する際に、意図せずに前後に揺れが生じ、自動安全システムによってエンジンが停止したため、ミッションは早期に終了した」という。一方で、同社の安全装置が設計どおりに動作することを証明したという点ではは良いニュースでもある。上のビデオを見ると、飛行中にロケットのエンジンの光が消え、しばらくして地上に衝突した火の玉が見える。

SpaceXを含め、まったく新しいロケットの最初の飛行のほとんどが計画どおりには進まないことは珍しいことではない。SpaceXの創業者でCEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏がTwitterでAstraチームに激励の言葉をかけている。同様に、Rocket LabのPeter Beck(ピーター・ベック)氏も支持を表明した。

なお、Astraが困難な状況下で活動していることは言うまでもない。新型コロナウイルスの感染蔓延のために、1週間ほど前にアラスカに配備された発射システムをで6人のチームで動かす必要があった。

Astraは今回の打ち上げで多くの貴重なデータを得られ、もちろんそれを次の打ち上げの精度を高めるために使える。同社は、3回のテスト飛行の2回目に向けて「今後数週間かけて」データを確認・解析をっすめるようだ。Rocket 3.2はすでに完成しており、次のトライを待っている。

画像クレジット:Astra / John Kraus

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)