サムスンが再度の単独製品イベントを9月23日に開催、廉価版のGalaxy S20 Fan Edition登場か

次の記事

ビデオによる採用面接サービスのWilloが需要増を受け3400万円調達

リアルなイベントについ言えることが1つある。企業は山ほどのニュースを詰め込まなくてはいけないと思っている。実際、広い会場一杯の人々を国中、あるいは世界中から集めようというのだから、それに見合うだけの興奮をたくさん与えたいと思うのも当然だ。

サムスンは、8月はじめのGalaxe Noteイベントで詰め込み型のイベントを開催した。新しいスマートフォン、新しいイヤフォン、新しいウォッチ、新しいタブレット、さらには近日発売になる折り畳み式端末のプレビューもあった。数週間前、この会社は次のイベント全体を新しいGalaxy Foldに当てた。そしてその数週間後、もう1つのイベントを計画している。

関連記事:Samsung’s new Galaxy Fold arrives September 18 for $2,000(未訳記事)

9月23日のイベントは、Galaxy S20 Fan Editionに特化したものになる可能性が強い。サムスンではよくあるように数カ月前からリーク情報が出回っている製品だ。このイベントでほかのニュースがたくさん出てこないと決まったわけではないが、Foldのイベントは少々私の期待を下げるものだった。2020年に単独製品のイベントをやる価値を会社はどう考えているのか、プレスリリースかなにかでもいいのではないのか。

関連記事:Galaxy Note 20 Ultraファーストインプレッション、現時点で入手できる最も優れた5G対応モバイルハードウェア

ともあれこの「Fan Edition」でサムスンは、Note 7の改造版など、フラグシップ製品の低価格版を発売するという、久しく絶えていた戦術を再び実行しようとしている。

今回予想されるのは、サムスンの主要製品であるGalaxy S20の低価格版だ。実質的には、すでに複雑化している同社の低価格製品群の最新シリーズである「Lite」製品ラインの再ブランド製品になりそうだ。

詳細は、米国太平洋標準時9月23日午前7時(日本時間9月24日午前0時)にわかるだろう。

関連記事:サムスンは早くも5G大衆機「Galaxy A42」をリリース、フィットネストラッカーは電池寿命15日

カテゴリー:イベント情報

タグ:サムスン Samsung Galaxy スマートフォン

画像クレジット:Samsung

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook