インスタ映えする空撮スポットをめぐるドローン愛好家向け「飛騨高山の自然を独り占め空撮ツアー」開催

次の記事

「従来型IPOはナンセンス」という説にIPOの専門家が反論

旅行業を手がける丹生川(にゅうかわ)観光は9月14日、飛騨高山で雄大な自然をめぐるドローン愛好家向けツアー「飛騨高山の自然を独り占め空撮ツアー」を開催すると発表した。

同ツアーは、ドローン愛好家が飛騨の自然・魅力を空撮できるようにすることで、従来体験できなかった飛騨地域の魅力を体感しつつ安全・快適に楽しめるというツアー。同ツアー催行は飛騨地域で初の試みという(飛行許可は取得済み)。

開催日程は、2020年10月10日から、10月31日から、11月14日からの計3回。場所は岐阜県高山市丹生川町。定員は1回あたり10名(先着順)。参加費は1名あたり税込み4万9800円。GoToトラベルキャンペーン対象者の場合は1名あたり税込み3万5800円/地域共通クーポン6000円/6枚。

  • 場所: 岐阜県高山市丹生川町
  • 日程: 2020年10月10日~11日、10月31日~11月1日、1月14日~15日(それぞれ1泊2日)
  • 場所: 岐阜県高山市丹生川町
  • 参加費: 1名あたり税込み4万9800円。GoToトラベルキャンペーン対象者の場合は1名あたり税込み3万5800円/地域共通クーポン6000円/6枚
  • 定員: 1回あたり10名(先着順)
  • 詳細・申し込み: 「飛騨高山の自然を独り占め空撮ツアー」サイト

「飛騨高山」で知られる岐阜県高山市は、年間約460万人の観光客が訪れる全国有数の観光都市。同市は92パーセントが森林に囲まれ、日本百名山のひとつ乗鞍岳など北アルプス(飛騨山脈)の西部に位置している広大な自然に囲まれた地域でもあるという。

そこで、従来とは違う新ニーズを開拓するものとしてツアーを企画。同地域の自然を空撮によって多くの人たちに広められるため、着地型観光・周辺観光の充実も図る狙いがあるとしている。また、一般的な観光客が少ない市外地を中心とするため3密を回避でき、参加者は安全にツアーを楽しめる。

関連記事
安く長く住むワーケーション特化の宿泊予約サービス「Ellcano」の事前登録スタート、3泊以上の連泊が対象
仮想サイクリング環境「Zwift」を長野県こもろ観光局が採用、大規模仮想サイクリングイベント開催へ

カテゴリー:ドローン

タグ:日本