米小売大手ウォルマートが医療品配達スタートアップのZiplineと提携、米アーカンソー州でドローン配送テストを拡大

次の記事

アマゾンの子供向けサービスがAmazon KidsとAmazon Kids+にリブランド

米小売大手のWalmart(ウォルマート)は現在、米国でドローン配達の実現に向け2つのテストを実施している。

米国時間9月14日月曜日の早朝、ウォルマートはアフリカ全土に医療品を配達することで有名なスタートアップであるZiplineと提携し、新しいドローン配達プログラムを発表した。

Ziplineとのパートナーシップは、先週ノースカロライナ州のウォルマートの顧客に荷物を配達し始めたFlytrexとの別のドローン配達の提携の発表に続くものだ(Walmartリリース)。

アーカンソー州におけるウォルマートとのZiplineの提携は、同社が2020年初めにノースカロライナ州で始めたパイロット配送プログラムを補完するものだ。このプログラムではNovant Healthと協力し、Ziplineは5月からドローンを使って医療機器と個人用保護具をノースカロライナ州で配達する(未訳記事)。

ウォルマートとのドローン事業では、当初はヘルスケア・ウェルネス商品を配送し、後に一般消費者向け商品を拡大する可能性があるという。

2016年にアフリカでサービスを開始して以来、医療用品や機器の取り扱いで存在感を示してきたZiplineにとって、一般向け商品の配送への転換は転換点の1つになるだろう。

ウォルマートの声明によると、この新サービスの試験的な配送は、アーカンソー州北西部で開始し、半径50マイル(約80km)をカバーする。同社のドローン配送への進出は、最大のライバルであるAmazon(アマゾン)がドローン航空業界での活動を活発化させていることも背景にある。

2020年8月末、アマゾンのPrime Airドローン配送車両は米連邦航空局(FAA)から商用配送のテストを開始する許可を得た。これは、UPSのような物流会社が独自のドローン配送ネットワークをテストするために受けた認証に似ている。

一方、ウォルマートは自社でドローンを運用するのではなく、この分野で活動している既存の企業と提携する方針のようだ。

関連記事:Amazonのプライムエア配達ドローンが米当局からテスト飛行認可を取得

カテゴリー:ドローン

タグ:Walmart Zipline

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter