アップルが税別2万9800円からの低価格版のApple Watch SEを発売

次の記事

新しいiPad AirはTouch IDを上部電源ボタンに内蔵

Apple(アップル)は旧世代機種を入門価格で販売しつつ、価格を下げた新しいApple Watch(アップルウォッチ)を発売した。新しいApple Watch SEは、新たに発表されたApple Watch Series 6と同じデザインだが税別2万9800円からとなっている。

「Apple Watchをもっと多くの人たちに使ってもらうためにやっていることの1つが、Series 6のデザインとApple Watchの本質的機能をより求めやすい価格にした新型モデルを作ることです」とアップルのCOOを務めるJeff Williams(ジェフ・ウィリアムズ)氏は言った。

Apple Watch SEは、Series 5で採用されたS5システムオンチップを使っている。大型ディスプレイ、加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパス、高度計もSeries 6と同じものだ。

そして、Apple Watch SEはApple Watch Series 6と同じデザインを共有しているので、watchOS 7で導入される最新のコンプリケーションと文字盤を使える。

Apple Watch SEは、税別4万2800円からのSeries 6よりお買い得なので、これから詳しい仕様を調べるつもりだ。Series 6のように血中酸素濃度を測ることはできなくても、ワークアウトのトラッキングにウォッチを使いたいユーザーにとってはいい買い物だ。

アップルはApple Watch Series 3を同じ税別1万9800円で販売し続けている。この機種は発売から数年が過ぎた古い画面デザインのため、最新の文字盤とコンプリケーションには対応していない。

またアップルは、Apple Watch SEを子供に持たせるApple Watchとしても位置づけている。セルラーモデルもあるので、子供にiPhoneを持たせずに連絡をとることができる。

Apple Watch SEは9月18日発売。現在、予約受付中だ。

アップルハードウェアイベント

関連記事:Apple Watch Series 6は血中酸素飽和濃度が測定可能

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Apple Apple Watch

画像クレジット:Apple

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook