iOS 14、iPadOS 14、watchOS 14、tvOS 14は9月16日にリリース

次の記事

Apple Watch Series 6は血中酸素飽和濃度が測定可能

Apple(アップル)は同社の次世代iPhoneのリリースに先駆けて、最新のiOS 14が9月16日にリリースされると述べた。

今年にアップルが開催したWorldwide Developer Conference(WWDC)でiOS 14が初めて披露されたが、そこではホームスクリーンのウィジェットとメッセージのスレッドに返信する機能が含まれていた。また新しいMaps機能も搭載されており、移動手段としてサイクリング機能が追加されたほか、電気自動車のオーナーが途中で充電ステーションを見つけられるように経路を設定できる。

iOS 14では内蔵の翻訳機能、改善され再設計されたSiri、そしてSafariブラウザのセキュリティとプライバシー機能も搭載されている。

しかし、アップルが約束していたプライバシー機能の1つは延期される。アップルはiPhoneユーザーがアプリ内追跡をオプトアウトできるようにすると述べたが、iOS 14がリリースされた時点ですぐに搭載されるわけではないという。これはFacebook(フェイスブック)を含む広告大手が、機能に反対するロビー活動を行った騒動によるものだ。アップルはこれらの変更に対応するため、開発者に来年まで猶予を与えると述べた。

iOS 14はiPhone 6s以降でサポートされ、無料でダウンロードできる。

またiPadOS 14やwatchOS14、tvOS 14も9月16日にリリースされると、アップルは明かした。

アップルハードウェアイベント

関連記事
iOS 14はホーム画面にウィジェットが来るなど大幅アップデート
アップルが開発者によるユーザー追跡の明示的許可強制を来年まで延期
アップルがiOS 14に導入予定の広告トラッキング規制にFacebookは不満を表明

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Apple iOS iPadOS watchOS tvOS

画像クレジット:Apple

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter