アップルが5nmプロセスの超高速A14チップ発表、新iPad Air搭載で来月出荷へ

次の記事

アップルの新「ファミリーセットアップ」はApple Watchをキッズトラッカーに、Series 4以降のセルラーモデルに対応

Apple(アップル)の今回のイベントでは新しいiPhoneは発表されなかったが、新しいスマートフォンを含むアップルの次世代ハードウェアすべてで使われる新しいチップが発表された。このA14 Bionicは最初にiPad Airに搭載されアップル最速のタブレットとなる。

A14はCPU、GPUの軍拡競争における画期的な製品だ。同社によれば、同社として初の5nm(ナノメートル)プロセスによるチップだという。極めて小さな基板上に118億個のトランジスタを集積した強力なアーキテクチャで前世代の7nmチップに比べて40%能力が向上しているという。毎秒11兆回の演算能力がある。

新しいiPad Airは、価格が魅力的なために若い層にもヒットしそうだが、このチップの採用によりゲーマーやアナリストなどのパワーユーザーにも適した製品となる。写真編集だけでなくさまざまなデータ分析も高速になる。このチップは16コアのニューラルエンジンを搭載しているためAIの中心的テクノロジーの1つである機械学習の分野で大きな威力を発揮する。

またA14は全体として極めて効率的な製品に仕上がっている。強力なパワーに対して消費電力が少なく、16コアの採用によってさらに多数のプロセスが並列的に処理できる。同社によれば、新しいiPad Airは一般的なWindowsノートと比べて最大2倍、最速のAndroidタブレットの3倍、最速のChromebookの6倍のスピードで作動するという。残念ながらアップルは具体的な製品名は挙げなかった。


個別製品名は別として、アップルが消費者向けエレクトロニクス製品のライバルと比べて新しいチップのスピードを強調したことには理由がある。

激しい競争を繰り広げているコンシューマー向けエレクトロニクス製品市場において、チップは文字どおりデバイスの心臓部だ。次世代チップの能力はそのまま次世代デバイスの競争力となる。先日、NVIDIAが長年アップルにチップデザインをライセンスしてきたArmを4.2兆円で買収する計画を発表している。

これまでArmはいわばCPUメーカーのスイスだった。つまり多数のメーカーと等距離を保ちつつ求めるものに新しいチップアーキテクチャを提供してきた。A14はArmアーキテクチャをベースとしてアップルが独自に設計したチップで台湾のTSMCが製造する。

アップルハードウェアイベント

関連記事
アップルが5nmプロセスSoC「Apple A14 Bionic」採用のiPad Airを発表
新しいiPad AirはTouch IDを上部電源ボタンに内蔵
iOS 14、iPadOS 14、watchOS 14、tvOS 14は9月16日にリリース
アップルのハードウェアイベントのライブ中継はここで観られる(日本時間9月16日午前2時から)

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Apple iPad

画像クレジット:Apple

【Japan編集部追記】アップルサイトによれば、新iPad AirはW-iFiモデルが税別6万2800円からなどと発表されている。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook