ベルリン拠点のVolocopterが初のエアタクシーフライトの先行販売を開始、フライトは2~3年後

次の記事

Disrupt 2020の目玉企画Startup Battlefieldのファイナリスト20社を紹介

「空飛ぶ車が約束されていたのに、手に入ったのはガラクタのようなインターネットの荒らしだけだった」という悲しそうな顔をしたテクノロジー信奉者に朗報だ。ドイツ・ベルリンを拠点とする自律型空飛ぶモビリティのスタートアップであるVolocopterは「SF的な夢を復活させたい」と考えている。

同社は、来たるべき電動エアタクシーサービス「VoloCity」の予約販売を開始したばかりだ。この商業サービスがいつ開始されるのか正確な日付は明らかにされていないが、「VoloFirst」と名付けられた予約可能サービスの1000件のうちの1件を購入すれば、サービス開始から12カ月以内にいつでもどこでも15分のフライトを楽しめるようになる。

Volocopterの広報担当者は「サービス開始は2~3年後になるでしょう」と説明する。「商業飛行に向けて連絡を取っている多くの都市のうち、どの都市がレースに参加するかは明らかになっていないため、都市はまだ決まっていません」と続けた。

この限定版ジョイライドの価格は「限定版の個人用証明書」付きで300ユーロ(約3万7300円)だ。Volocopterによると「チケットは10%のデポジットで予約できる」とのこと。

VolocopterのCEOであるFlorian Reuter(フロリアン・ロイター)氏は支援声明の中で「私たちは、公開テスト飛行と規制上の達成記録に基づいて、わずか数年で一般的な都市での電動飛行を作るための道を切り開いてきました。予約開始に伴い、いま世界中の支援者やイノベーターを招待し、この新しくエキサイティングなモビリティの形をいち早く体験していただきたいと思います」と述べている。

「エアタクシーの最終的な認証はまだ保留中ですが、今後2~3年でVoloCityの商業飛行を開始するという現実的な詳細なタイムラインを持っています」と、Volocopterの最高商業責任者であるChristian Bauer(クリスチャン・バウアー)氏は付け加えた。なお、VoloFirstの航空券はVolocopterサイトから予約可能だ。

同社は、2011年に純粋な電動マルチコプターの初の有人飛行を実施し、2019年10月にシンガポールのマリーナベイでの公開テスト飛行や、2017年にドバイでの世界初の自律型eVTOL飛行を含む、その本格的な機体で数多くの公開飛行をデモしてきた。そして今年初め、シリーズCの資金調達ラウンドで9400万ドル(約98億5300万円)を集め、調達総額は約1億3200万ドル(約138億3650万円)に達した。

Volocopterは、商業サービスの立ち上げを目指している数多くの空飛ぶタクシースタートアップの1社でほかには、EHang(未訳記事)、Lilium(未訳記事)、Airbus(エアバス)のVahana VTOLなどが競合だ。そういった状況を踏まえ、VolocopterはVoloFirstの購入者が空飛ぶタクシーサービスの最初の一般搭乗者になることを保証していない。むしろ、これらの早期のエアモビリティに登場したユーザーは自慢の権利を「最初のうち」に持てる権利があるとしている。

画像クレジット: Volocopter

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)