Facebook / フェイスブック(企業)
Oculus Quest (製品・サービス)

Facebookの新VRヘッドセットOculus Quest 2は秀逸、布製ベルトとFbアカウント必須が懸念事項か

次の記事

ベンチャーキャピタルにおける女性の役割、外国からの投資についてEast Venturesパートナーが語る

Facebook(フェイスブック)のバーチャルリアリティ(VR)の夢は、同社にとって頭痛の種となっていた。CEOのMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏の後押しで、同社はOculusに数十億ドル(数千億円)を費やし、ビジネスに巨大な複雑さを加えてきた。

一方で、設立チームに関する無数の問題、大規模な知的財産訴訟、サプライチェーンの問題、そして満足できないユーザーベースに直面していた。しかし、そういった苦労に涙を流しながらも、ある産業を強制的に成立させようとしたときに何が実現できるのかを、Facebookはテック業界に奇妙なほど痛烈な視線を投げかけている。

Facebookは、VRが我々が必要としている技術であることを誰かに確信させただろうか?そうではない。しかし、FacebookがOculus VRを買収してから6年が経過したいま、同社は意味のある完成度を感じるデバイスをリリースした。要するに新しいQuest 2ヘッドセットは、夢に十分な投資と技術者の才能を投入することで、やりがいのあるエコシステムを構築できることを示す素晴らしいハードウェアになった。発売以来、FacebookがQuestのソフトウェアを改善してきたとはいえ、ゲーム以外のプラットフォームがもっと多様になってほしいところだ。

Quest 2の特徴

  • 価格:3万7180円(64GB)、4万9280円(256GB)
  • デザイン:ツートンカラーの新デザイン
  • プラットフォーム:より強力なSnapdragon XR2プラットフォーム
  • メモリー:6GB(初代Questは4GB)
  • ヘッドセット重量:503g、前世代より10%軽量化
  • 本体サイズ:幅142.5×奥行き191.5×高さ102mm(ストラップ折り込み式)
  • ファストスイッチ液晶:72hz/1832×1920ピクセル(片目)
  • 音声入出力:スピーカーとマイクを内蔵
  • バッテリー駆動時間:2〜3時間
  • IPD(瞳孔間距離):58mm、63mm、68mmの3つの設定で調整可能
  • コントローラー:再設計された新コントローラ

前モデルが発売されてから約18カ月後が経過し、ほとんどのユーザーは今回のアップデートはマイナーなスペックアップだと考えていたかもしれないが、Quest 2は真のメジャーアップグレードであり、あらゆる面で進歩を遂げている。より軽く、より小さく、より強力で、 使いやすく、より安くなっているし。64GBモデルは3万7180円で購入できる。会社がPC専用ヘッドセットのOculus Riftのラインを終了させ、32GBモデルが1万9300円(当初は2万3800円)のOculus Goヘッドセットを終了させた数カ月後には、ある意味でQuest 2はメインストリームの成功に向けての最終製品のように感じられる。

私はオリジナルのQuestを徹底的に楽しんだが、その限界が目の前に迫っていた。ヘッドセットに搭載されているQualcomm(クアルコム)のSnapdragon 835の老朽化が原因でゲームが制限され、デバイスの有機ELディスプレイはピクセル化しすぎているように感じた。

FacebookはありがたいことにCPU、GPUとディスプレイの両方に実質的なアップデートを提供しており、Quest 2について私はあまり不満がない。Quest 2は、最近発売されたQualcomm XR2プラットフォームを採用しており、Snapdragon 835よりも安定した性能を実現している。Oculusの性能がどれだけ優れているかについてはちょっと不安だったので、QualcommのXR責任者であるHugo Swart(ヒューゴ・スワート)氏に電話をして詳細を説明してもらった。

スワート氏は、Quest 2上のXR 2チップセットの個々の実装については言及しなかったが、第1世代のQuestと比較して、同チップセットを支えるチップセットの大まかな比較を示してくれた。ハイレベルなのはやはり、XR 2はSnapdragon 835よりはるかに強力であり、CPUとGPUのパフォーマンスに関しては2倍の向上を果たしている。開発者にとって、これはタイトルの視覚的な複雑さを2倍できることを意味し、PC体験をより簡単にスタンドアロンのヘッドセットに移植することを可能にするだろう。

興奮しすぎる前に言っておくと、Quest 2のタイトルがこの性能をフルに活用する可能性は低いと思われる。2倍のパワーを持つチップセットを持つということは、実際には2つのことを意味するからだ。それは、2倍の複雑な処理が可能であることと、約半分の電力を使用しながら前世代と同じくらいの複雑な処理が可能ということになる。特にXR2がより高解像度のディスプレイを搭載していることを考えると、Facebookは開発者には前者のフル活用よりも、電力消費を抑える後者に焦点を当てるように働きかけるだろう。

その理由の1つは、完全な後継機を18カ月後に発売したこと、そして最新版をプレイしたいアーリーアダプターを怒らせないようにしたことだが、同時にOculusが複雑なソフトウェアよりもフォームファクターを最適化した結果でもある。Oculusはこのデバイスの重さを数グラム減らしたが、その一部はバッテリーのサイズを小さくしたことによるものだ。Oculusによると、Quest 2のバッテリーは設計し直され、18%小型化、29%軽量化されているとのこと。

新しいディスプレイは有機ELから、同社がOculus Rift Sで使用していたファストスイッチLCDタイプに変更された。仕様上のリフレッシュレートは72Hzだが、Oculusによると90 Hzに達する予定だという。ユーザーが最も顕著に違いを感じるのは、変更されたピクセルレイアウトではなく、前モデルよりも多くのピクセルを備える強化された画面な鮮明だろう。実際には50%以上のより多くのピクセルを表示できる。実際の使用でも、新しいディスプレイは顕著に鮮明になり、テキストの小さな段落を読むような苦痛なVR体験がずっと少なくなった。

ディスプレイのもう1つの興味深い変更点は、IPD(瞳孔間距離)がどのようにシフトされているかということだ。Quest 2の初期のリークでは「ユーザーごとに異なる顔の形を考えると、レンズ間の距離をうまく調整できないのではないか」というのが大きな懸念事項だった。Questは複数のIPD調整を可能にしていたが精度は低く、Quest 2では別の方法で調整を実現している。ボタンやダイヤルの代わりに、ユーザーはレンズを物理的に引き離して、58mm、63mm、68mmの3つの設定のうちの1つに設定することになる。

すべての人に完璧な体験を提供できるわけではないが、Oculus GoやOculus Rift Sにならって自動調整可能なIPDを完全に排除してくれたことはユーザーにとっては安心だ。

新しいコントローラは、素晴らしいアップデートが施されている。オリジナルのRiftタッチコントローラーのデザインから多くのヒントを得て、より大きなサムレスト(親指レスト)に改良されたのだ。そのほかの大きなアップグレードは、コントローラーのバッテリー効率が向上したことだ。Oculusによると、単三型電池1本で従来のQuestの4倍長持ちするという。コントローラーに関してはそれ以上の大きなアップデートはないが、コントローラーのツートンカラーに関しては、個人的にはあまり興味ははない。

ヘッドセットは、オリジナルの布で覆われた前モデルのボディーを見直し、新しくライトグレーと黒のツートンカラーのデザインで完全にハードシェル化されている。よりオモチャのような外観になったが、少し親しみやすく見える色が好きだ。初代Questよりもかなり小さく感じるし、実際に10%の軽量化は先代のヘビーユーザーにとってはメリットは大きいだろう。プラスチックシェルへの移行は、初代Riftと比べてRift Sのように安っぽく感じるのではないかと心配していたが、Quest 2では新しいデザインのヘッドセットハウジングが目玉になっている。

ヘッドストラップの腕にフィットするオンボードスピーカーは、またしてもまあまあだ。もちろん音は出るが、正直なところコンテンツに没頭することを真剣に考えるのであれば、高品質なインイヤーバッドの購入をお勧めする。

ヘッドストラップを調節可能な布製のものに再設計したことには満足していない。これは前世代よりも使い勝手が悪く、ヘッドセットの重さの再配分もうまくできない。ヘッドセットのベース重量とその包装サイズを減らすための変更だと確信しているしが、それが正しい選択だったとは思えない。Oculusは頭部を固定するための2種類のストラップを用意しており、6800円の「Quest 2 Eliteストラップ」の、PCヘッドセットの背面に小さな外部バッテリーを追加して再生時間を延ばす1万7600円の「Quest 2 Eliteストラップ バッテリーおよび携帯用ケース付き」がある。これらを使えば、ヘッドセットの重量をより最適に配分できる。

Quest 2のバッテリーの寿命については使用状況に応じて2~3時間とのこと。デバイスの利用頻度を光量するともう少し長く持つと思うが、今回のリリースでバッテリーのサイズが小さくなったことは少し残念に思える。

Quest 2 Eliteストラップ バッテリーおよび携帯用ケース付き(画像クレジット:Oculus)

Oculusのソフトウェアについて少し触れたい。これらのソフトウェアの改良は、既存のQuest所有者には明らかだ。アップグレードによってOculusのブラウザにハンドトラッキングやアップデートなどの項目が追加された。ナビゲーションからメディアコンテンツの視聴まで、ほとんどすべてが使いやすくなっている。

これらの改善はすべて、プラットフォームのいくつかの制限を強調している。ゲーム以外のコンテンツはまだ十分にはそろっていない。VRに興味を持つプラットフォームの多くはすでにVRに飽きてしまっており、別のアプリを維持する価値はないと判断しているのではないかと心配している。

個人的には、OculusがAndroidアプリのスクリーンを統合して、ゲームセッションとメディア視聴の間を受動的に行き来できるようにしてくれればいいのにと思う。Oculusのブラウザーはまずまずの出来だが、自分のスマートフォンでできることのいくつかをOculus上実行するためには、もう少し速いネイティブアクセスを期待したいところだ。なお、プラットフォームはその方向へ進む準備ができているようだ。

過去のハードウェアと比較して、このデバイスのオンボードでの明確な違いは、Facebookアカウントがヘッドセットを有効にするために必要になったことだ。Facebookは徐々にOculusを独立した組織ではなく、社内の一部門として扱うようになってきている。Facebookアカウントについては躊躇する人もいるかもしれないが、それほど驚くべき展開ではないだろう。

実際、かなりの数の人がFacebookを嫌っている。先週Netflixで公開された、まあまあなドキュメンタリー番組 「The Social Dilemma」 を見たあと、大衆文化がテクノロジー業界を取り巻く興奮と希望に回帰してきたとしても、ソーシャルメディア企業が社会に与える影響への注目が、Facebookへの嫌悪感を駆り立て続けるのではないかということがはっきりしてきた。これはOculusにとっては不利な点ではあるが、それがどの程度のものであるかは時が解決してくれるだろう。

Oculus Quest 2を買うべきか

初代Quest の発売からわずか1年余りでこのような刷新が行われるのは驚くべきことだが、新しいハードウェアは、Oculusが新しい方向性に向けて、よりアクセスしやすい単一のデバイスでビジョンを推進することに完全に焦点を当てていることを示している。

これはOculusが創業以来、VRのために行ってきた最も説得力のある議論であり、3万2978円のNintendo Switchとさほど変わらない、Oculus 2の3万7180円という価格設定は、より多くの人々にVRの道を開く可能性が高い。オリジナルのQuest所有者にとっては、このリリースはおそらく少しイライラさせられる。Facebookが初代Questの在庫を確保するのに苦労していたが、性能が大幅に向上したQuest 2ならすぐに手に入るからだ。

Quest 2は素晴らしいVRデバイスだが、私が悩んだのは素晴らしいヘッドセットが素晴らしいガジェットであるかどうかだ。今でも主にゲーマー向けであり、このVRヘッドセットは数週間にわたってメインストリームのユーザーを興奮させ、その後の人生をクローゼットで過ごす危険性もある。

関連記事
FacebookがQuest2発表に合わせてバーチャルオフィス「Infinite Office」を発表
スタンドアロンVRヘッドセットOculus Quest 2が登場、本日予約受付開始、10月13日月発売で64GBは3.7万円

カテゴリー:VR / AR / MR

タグ:Oculus Facebook Oculus Quest 2

画像クレジット:Lucas Matney

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)