Apple Watch Series 6ファーストインプレッション、血中酸素計測機能と新バンド・ソロループに注目

次の記事

Zooxがカリフォルニアで自動走行車両の無人テスト許可を取得

実際のところ、私は新しいApple Watchの完全なレビューにまだ取り組んでいる最中だ。本稿執筆投稿の時点では、私はまだ24時間未満しかこのデバイスを触っていない。正直に言うと、従来はApple(アップル)のイベント後のプレススクラムの中で、これまでよりもはるかに多くの時間を検証に割いていたので、今回の記事を完全なレビューと呼ぶのは抵抗がある。レビューを予定しているどんなデバイスでも、良質な時間を過ごすことが重要であり、ウェアラブルにとってそれは特に重要だ。

スマートウォッチという言葉を快適に使えるようになるまでには、スマートウォッチが生活の一部になっている必要がある。私はこれまでwatchOS 7をSeries 5にインストールして多くの時間を過ごしてきたので、OSとデバイスの間にある重要な違いのいくつかについては安心して議論することができる。

Apple Watchのデザイン言語は、長年にわたっていくつかの微妙な審美的な改良を加えながら、プロダクトラインの寿命を通して多かれ少なかれ一貫している。アップルがこれらの製品を何台販売してきたか、そして同社がこの分野をいかに支配し続けているかを考えると、なぜ同社がデザインを大幅に変えないのかは理解できるだろう。製造中止になったSeries 5と共通のDNAを多く持つ、低価格のApple Watch SEにとってはその価値は2倍になるかもしれない。

デザイン言語は変わっていないものの、ケースカラーにはいくつかの新色がある。従来のシルバー、スペースグレイ、ゴールドアルミニウムに加え、ブルーと新しい(PRODUCT)REDが加わった。アップルが私に送ってきたのはブルーで、正直なところ微妙で深い色合いにはちょっと驚いている。ほとんどの照明では、派手な色合いというよりも青みがかって見える。ほとんどのユーザーにとっては、それがベストなのかもしれない。深い青はどんな環境にもマッチしそうだ。一方、(PRODUCT)REDの実物はiPhoneの同色に近い色味だった。

そして、本当に目立つことを望むなら、さまざまな種類のバンドがある。これは依然としてApple Watch専用になっているが、現時点では市場には多くの選択肢があり、品質は別としてサードパーティーの選択肢も多い。正直なところ、1週間ほど経って破れたもので最近ひどい目にあったサードパーティー製バンドもあるのだが。今回追加されたバンドの中では、おそらく「ソロループ」シリーズが最も注目を集めるもので、バックルやマジックテープなどがまったくないのが特徴だ。

ソロループとブレイデッドソロループの2つの主要なスタイルとたくさんの異なる色があるが、私はどちらかというと編み込まれたブレイデッドソロループが好きだ。今回登場したものは私の好きな布バンドによく似ているが、少しデザインが異なる。価格はソロループが5280円(税別4800円)、ブレイデッドソロループが1万780円(税別9800円)。

ちなみに私は、ストレートなシリコンモデルは好きではないし、ゴム状シリコンバンドのファンになったこともない。一方でソロループは伸縮性に優れており、12種類のサイズの中から自分に最適なサイズを選びたいと思う。自宅で計測して注文することもできるのだが、近くのアップルの直営店が営業しているのであれば、店舗でサイズ調整したほうがいいだろう。

ハードウェア面におけるSeries 6の最大の追加点は、血中酸素(血中酸素飽和度)センサーだ。アップルは同機能を提供する最初のスマートウォッチメーカーではないが、新型コロナウイルスの感染蔓延の中で、より多くの人々がこのような数字に注目している。

【Japan編集部追記】血中酸素飽和度は、血液中の酸素の量を示す。正常値で99~96%。体に疾患があったり体調不良などを起こしていると数値が低下する。医療機関などで人差し指や中指に挟み込んで利用するパルスオキシメーターを同様の機能を提供するが、医療機器として認定されているかどうかは別問題。なお、日本国内では現在のところ医療機器としては認定されておらず、あくまで健康と運動の状況を自己把握するための目安だ。

この新しい血液酸素センサーは、Apple Watchの文字盤の裏にある4つのLEDクラスターと4つのフォトダイオードで構成されている。完全に再設計されたバッククリスタルに組み込まれたこの新しいセンサーは、「血中酸素」アプリと連動して血中酸素濃度を測定する。検査はバックグラウンドで行われるが、アプリを使って手動で計測することもできる。計測には約15秒かかるが、手の動きの量やバンドの締め具合や位置など、正確な計測には注意点がたくさんある。実際に私は何度か繰り返して計測しなければならなかった。

アップルは、血液中の酸素濃度が実際に何を意味するかについて、もっと状況に即した情報を提供してくれるとさらに素晴らしい。私が思うに、大多数の人々は何が健康レベルを構成するのかを知らない。とはいえずっと歩くのは難しいし、健康状態のレベルは個人差があり、アップルは人を診断しようとは考えていないだろう。しかし同社は、健康モニタリングに関して新型コロナウイルスについて何度か言及している。

Apple Watchは初期の研究にも参加していたようだが、残念ながら明らかな理由から新型コロナウイルスへの感染を確認することはできない。むしろ、ほかのバイタル機器と同様に、潜在的な健康問題を早期に発見することができるだけだ。なお、廉価版のApple Watch SEはECG(心電図)モニタが搭載されていない点には留意して欲しい。

新Apple Watchシリーズの発表と、これまでのハンズオンで一番残念だったのは、バッテリー寿命があまり変わっていないことだ。私は今回アップルが、新しい睡眠トラッキングと同時に大きなアップグレードを発表することを本当に望んでいた。バッテリー容量がアップしなかった代わりに、アップルはユーザーは寝る直前か、朝にApple Watchを充電することを提案する機能を搭載した。就寝前に充電が必要な場合、watchOSが警告をポップアップ表示するのだ。

バッテリーについては、初期の段階ではわずかにアップグレードしたとの報道もあったが、公式発表では寿命は18時間でSeries 5と同じだ。私はこの記事を書いている時点で約8時間半、時計を着用しており、セルラー回線も利用して残量は74%になっている。アップルによると「Series 6が搭載するS6プロセッサは前モデルよりもバッテリー効率がいい」としている。また前モデルに比べてより速く充電できる点には注目だ。約90分間でフル充電になるので寝る前に満タンにしておくこともできる。

Fitness+サービスは悲しいことに少し待たなければならないが、睡眠トラッキングとフィットネス機能の詳細については楽しみだ。私は時計のベルトを下にしてひと晩使ってみた。どうやら私は7時間31分寝たようだ。それは今週のTechCrunch主催イベントであるDisrupt 2020と、アップルの新製品ラッシュの疲労のためだろう。これまでのところ追跡はかなり基本的なものだが、時間が経てばもっと充実した情報が提供されるだろう。いまのところ、iOS側の新しいベッドタイム機能に加えて、ベッドでの時間と睡眠時間に制限されている。もちろん、ひと晩の心拍数も随時計測してくれる。

【Japan編集部追記】Fitness+のサービスは、Apple Watchですでに測定可能な心拍数、消費カロリー、走行速度、走行距離などのさまざまな健康データに基づいて作られている。このサービスには、iPhone、iPadまたはApple TVで見ることのできる数多くのワークアウトビデオが入っている。ユーザーがビデオを開始すると、Apple Watch側で対応するワークアウトアプリが自動的に起動する。サービスはオーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、英国、および米国で2020年中にスタートするが、日本での提供は未定となっている。

watchOS 7で導入された手洗い機能はそれなりに機能する。この機能は手を洗う動きと音を自動的に検出し表示されるが、バスルームの音響やシンクにはまだ多くのバリエーションがあり、指の間で石鹸がつぶれる音を聞いているときでも問題になることがあった。私の場合は、バスルームのシンクに少し問題があったのかもしれない。

しかし、洗面所で手や皿を洗うと15秒のカウントダウンが自動的に始まったのはうれしかった。「ヘルスケア」アプリでは、手洗いの平均時間や1日あたりの回数など、時間の経過に伴う指標を収集してくれる。予想されるのは奇妙なことだが、アップルが指示するタイミングは最高だった。

これまでのところ、Series 6はApple Watchの飛躍的な前進ではない。しかし、アップルがユーザーの健康について真剣に取り組んでいるのは評価できるポイントだ。Fitness+が利用可能になったときにハードウェアを見直すのは素晴らしいことだ。

Series 6は40mmサイズのセルラー版が5万9180円(税別5万3800円)から、GPS版の40mmサイズが4万7080円(税別4万2800円)からで発売されている。一方、SEも40mmサイズのセルラー版が3万8280円(税別3万4800円)、GPS版が3万2780円(税別2万9800円)からとなっっている。旧モデルで併売されるSeries 3はGPSモデルのみで、38mmサイズが2万1780円(税別1万9800円)からとなっている。

完全なレビューは、新しいApple Watchを実際に長期間使用したあとだ。

関連記事
Apple Watch Series 6は血中酸素飽和濃度機能を搭載、(PRODUCT)REDモデルあり
アップルがスマートウォッチ「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」を発表、9月18日発売
アップルが税別2万9800円からの低価格版のApple Watch SEを発売
アップルがフィットネスのサブスクリプションサービス「Fitness+」を発表
Apple Watchの手洗い機能は新型コロナの流行前から準備されていた

アップルハードウェアイベント

カテゴリー:ハードウェア

タグ:Apple Apple Watch watchOS レビュー

画像クレジット:Brian Heater

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)