Disrupt 2020のStartup Battlefieldの勝者は大麻栽培者向けERPプラットフォーム開発のCanix

次の記事

WeChatとTikTokのダウンロードが9月20日から不可に、米商務省が発表

TechCrunchは、20社の印象的なスタートアップからこのコンペティションを始めた。まったく新しいバーチャルなStartup Battlefieldでの5日間の熾烈なピッチの後、勝者が決まった。

Startup Battlefieldに参加しているスタートアップ企業はすべて、競争の激しいスタートアップ・コンペティションに参加するために厳選な審査を通過した。今年は、物理的なコンテストの興奮をバーチャルなステージに移した前代未聞の年だった。彼らは全員、審査員を務める複数のVCやテックリーダーのグループの前でプレゼンテーションを行い、10万ドル(約1060万円)と栄誉あるDisrupt Cupを獲得するチャンスを手にした。

何時間もの審議の後、TechCrunchの編集者は審査員のメモに目を通し、最終的に5つのファイナリストに絞り込んだ。Canix、Firehawk Aerospace、HacWare、Jefa、Matidorである。これらのスタートアップ企業は最終審査員である審査員の前でデモを行い、フィナーレを迎えた。最終審査員を務めたのは以下の6人だ。

  • Caryn Marooney(キャリン・マルーニー)氏/Coatue Managemen
  • Ilya Fushman(イリヤ・フッシュマン)氏/Kleiner Perkins
  • Michael Seibel(マイケル・セイベル)氏/Y Combinator
  • Sonali De Rycker(ソナリ・デ・リッカー)氏/Sequoia
  • Troy Carter(トロイ・カルテ)氏/Q&A
  • Matthew Panzarino(マシュー・パンザリーノ)/TechCrunch

そしてTechCrunch Battlefield 2020の優勝はCanixに決定した。

Canixは、大麻栽培者のデータ入力にかかる時間を短縮するために設計された堅牢なエンタープライズリソースプランニングプラットフォームを構築。このプラットフォームは、一般的な会計ソフトウェアや、業界全体の規制プラットフォームであるMetrcとうまく統合されている。創業者によると、このプラットフォームは、人件費を改善することで、生産者の利益を増加させることができるという。Canixについての詳細はこちらして欲しい。

【Japan編集部注】大麻は米国ではカリフォルニア州など一部の州、カナダ、オランダなどでは全土で解禁されているが、日本国内では大麻取締法で規制されており、栽培、所持、譲渡することは違法となる。

準優勝はMatidorだ。

Matidorは、コンサルタントやエンジニアが単一のダッシュボードでプロジェクトや地理空間データを追跡するためのプロジェクトプラットフォームを構築。エネルギーや環境サービス分野の顧客にオールインワンのデータ可視化スイートを提供している。Matidorの詳細についてはこちら参照して欲しい。

関連記事
大麻栽培者の規制上のデータ入力をRFIDスキャナーとBluetooth対応の測量器で容易にすることを目指すCanix
エネルギー分野での地理空間の可視化と共同作業を可能にするカナダ拠点のMatidor

カテゴリー:イベント情報

タグ:Disrupt 2020 Canix Matidor

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)