垂直農業
UrbanKisaan

消費者に無農薬野菜を届け、インドの水危機と闘う垂直農業に賭けるUrbanKisaan

次の記事

トランプ大統領がTikTokめぐるオラクル提案の「コンセプト」を承認

深刻な干ばつにより、インドの一部地域では河川や貯水池の水が流出し、世界第2位の人口を誇るこの国の5億人以上の人々が2030年までに飲料水を使い果たすと推定されている。

その兆候は、水の総供給量の大部分を消費している農場に見られる。インドで農民が作物を育てるのに苦労しているのは、依然として雨水に大きく依存しているからだ。ほかに手段のある農家は水の使用量はごくわずかな、とうもろこしに似たトウジンビエ(パールアワ)、ササゲ、ユウガオ、トウモロコシなど、基本的には米以外の作物を栽培するようになった。しかし、ほとんどの人はこのような事業展開は難しい。

また、野菜に使用される有害な化学物質のレベルは、長年の間に大幅に上昇している。

インド南部のテランガーナ州の州都・ハイデラバードに本社を置くスタートアップであるUrbanKisaan(アーバンキサーンス)は、TechCrunch Disrupt Startup Battlefieldに参加し、この2つの課題に対処する方法を見つけたと主張する。

ハイデラバードとバンガロールにあるUrbanKisaanのセンターでは、中から見ると宇宙船のように見えるが、作物を重ねて栽培している。

垂直農法は、欧米の一部の市場では勢いを増しているが、インドではまだ非常に新しい概念だ。このモデルにはさまざまな利点がある。

UrbanKisaanの共同設立者であり最高経営責任者であるVihari Kanukollu(ビハリ・カヌコル)氏はTechCrunchのインタビューで「弊社は作物を育てるために土壌や有害な化学物質を一切使用せず、従来の農場に比べて水の使用量を95%削減しています。水が流れ続け、何度も何度もリサイクルされるような水耕栽培システムを構築しています。より少ない水を使っているにもかかわらず、UrbanKisaanは30%以上の作物を生産しています」と説明する。「私たちのは少なくとも30〜40フィート(約9〜12m)の高さまで成長します。そして、そこには無限のループがあります」と続けた。

同氏は「レタスとバジルだけを栽培する他の垂直農業モデルとは異なり、UrbanKisaanは50種類以上の野菜を栽培する技術を考案した」と語る。

同社にとっての大きな課題は、レストランチェーンなどの企業を説得して購入してもらうことだ。「健康にいい野菜を提供しているにもかかわらず、企業は伝統的に栽培された作物を使いながら、数ドルの節約をしたいと考えています」と同氏は指摘する。

その意識に対抗するために、UrbanKisaanは消費者に直接販売しています。利用者はハイデラバードとバンガロールのUrbanKisaanのセンターにチェックインし、野菜の範囲を購入することができます。

Y Combinatorのほか、最近では南インドの人気女優であるSamantha Akkineni(サマンサ・アクキネニ)氏が支援しているこのスタートアップは、誰もが自宅で野菜を購入して育てることができる約200ドル(約2万1000円)のキットも販売している。

商業のバックグラウンドを持つカヌコル氏は、母親のために新鮮な無農薬野菜を買えないことに不満を感じた後、2018年にUrbanKisaanについてのアイデアを探り始めたという。

幸いなことに、彼は20年以上かけて農業を研究してきた科学者のSairam Palicherla(サイラム・パリケラ)氏と出会った。二人は最初の1年を研究と農家との交流に費やしました。

現在、UrbanKisaanには30以上の農場を展開している。「これらの農場はすべて最初の1カ月で黒字化した」とカヌコル氏は述べている。「現在、売上高は月平均110%で成長しており、平均請求額は過去6カ月で10倍になりました」とのこと。

また同社は、今後3カ月以内に月次経常収益15万ドル(約1570万円)を達成するポイントに到達することに取り組んでいる。

UrbanKisaanはここ数四半期、テクノロジースタックをさらに改善するために費やしてきた。カヌコル氏は「LED照明の消費電力を50%削減し、チューブ1本あたりの製造コストを60%削減した」ことを明らかにした。

同社は現在5人の農家と協力しており、すべての農家に提供できる実用的なモデルを見つける方法を模索している。また、畳み込みニューラルネットワークの上に集約された知能を開発し、収穫可能な農産物をリアルタイムで検出し、農場の欠陥を検出する。

UrbanKisaanはこれまでに約150万ドル(約1億5700万円)を調達しており、今後数四半期のうちにさらに多くの都市への進出を計画している。

画像クレジット:UrbanKisaan

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)