ThriveCash
Thrive
X1 Card

クレジットスコアではなく収入に応じて限度額を決めるクレカX1 Card

次の記事

マーケターと営業のデータをGoogleスプレッドシートに自動集約するDemand Sageが約3億円超を調達

クレジットスコアの良し悪しにはさまざまな理由がある。就職したばかりの人は、信頼できる収入があってもスコアが低いためにクレジットカードの限度額も低いままのことが多いだろう。X1 Cardは、クレジットスコアではなく、現在の収入と将来の収入に基づいて限度額を設定することで、この問題を解決したいと考えている。

同社によると、顧客の中には従来のクレジットカードの最大5倍の限度額を期待できる人もいるという。そしてその限度額は、例えばあなたが仕事で昇進した場合には、さらに上がることがある。

「消費者向けのクレジットカード業界では、テクノロジーほとんど手をつけておらず、時代遅れのクレジットスコアシステムに依存してきました。例えば、PayPalの共同設立者で元CTOのMax Levchin(マックス・レヴチン)とベンチャーキャピタルファンド「Craft Ventures」のジェネラルパートナーでDavid Oliver Sacks(デビッド・オリバー・サックス)と私のスコアは似ていますが、それは意味がありません!」と共同創業者のDeepak Rao(ディーパック・ラオ)氏は私に語った。「私たちは、スマートな制限、インテリジェントな機能、現代的な報酬、新しい外観を持つために、クレジットカードを一から考え直しました」と続ける。

あなたの信用度に応じて、12.9~19.9%の変動年利と2%の残高移行手数料がかかります。年会費は無料で、X1 Cardは延滞金や海外送金手数料も変わりません。

その裏では、X1 CardはThriveCashを開発した会社であるThriveによって管理・運営されている。ThriveCashというローンプラットフォームを使えば、来るべき夏のインターンシップや大学卒業後の最初のフルタイムの仕事のために、オファーレターに基づいてクレジットラインを組むことができる。

その後、インターンシップの給料総額の25%、またはフルタイムの仕事であれば最初の3回の給料の25%まで借りることができる。手数料は徴収されるものの、例えば新しいリース契約を締結する際に、銀行口座にお金がない場合などに役立つだろう。

Thriveは、PayPalやAffirm創業者であるレヴチン氏、元TwitterのCOOであるAdam Bain(アダム・バイン)氏、Craft VenturesのジェネラルパートナーであるDavid Sacks(デビッド・サックス)氏などから1025万ドル(約10億7000万円)の資金を調達している。ThriveCashについて詳しく知りたい方は、TechCrunchのNatasha Mascarenhas(ナターシャ・マスカレンハス)の記事を参照してほしい。

X1 Cardに話を戻すと、このカードはApple PayとGoogle Payに対応したステンレス製のVisaカードだ。これは、さまざまな方法で有料契約を追跡するのに役立つ。まず、アプリから有料契約の支払いをキャンセルできる。あなたが新しいサービスを試していて、無料トライアルを開始するためにクレジットカード情報の入力を要求された場合は、自動失効する仮想クレジットカードを生成することも可能だ。

返金を受けると、X1 Cardから通知が送られてくる。また、アプリ内の取引にレシートを添付することも可能だ。

報酬に関しては、X1 Cardはポイントを利用する。デフォルトでは、すべての購入に対して2倍(2%)のポイントが付与されるが、特別な特典を提供するカテゴリーや小売店はない。1年間にカードを使って1万5000ドル以上を使うと、3倍(3%)のポイントがもらえる。友達を紹介すると、1カ月間の買い物で4倍(4%)のポイントが付与される。ポイントは、Apple(アップル)、Airbnb、Delta、Everlaneなどの小売店の提携先で利用できる。

言い換えれば、クレジットカードなのだ。しかし、この商品が平均的なChase(JPモルガン・チェース銀行)ブランドのカードよりも面白いのは、クレジットスコアシステムを破壊しようとしていることだ。このシステムを使って、人々が本当に高い限度額を手に入れることができるかどうか、それは興味深いものになりそうだ。画像クレジット:X1 Card

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)