発酵技術
Impossible Foods(企業)

動物性代替タンパク質開発企業は1500億円超を調達、微生物発酵技術に投資の波

次の記事

中国の電気自動車メーカーWM Motorが1500億円超を調達、230万円台で3万台のEVを納車済み

Perfect Day(パーフェクト・デイ)、Impossible Foods(インポッシブル・フーズ)など、食品、衣類、化粧品、化学薬品に使用されている動物性食品の代替品を開発している多くのスタートアップが、今年の上半期までに15億ドル(約1570億円)という巨額の資金を調達している。

持続可能な食品への投資の成長を追跡しているThe Good Food Institute(GFI、グッドフード・インスティテュート)の新しい報告書によると、発酵技術が基礎技術の第3の柱として浮上してきていると指摘しており、そこでは、新しく確立された食品ブランドが動物性食品をほかのタンパク質源と代替する製品を製造しているそうだ。

微細藻類やマイコプロテインなどの微生物を利用した発酵技術は、バイオマスを生産し、植物性タンパク質を改良し、新たな機能性成分を生み出すことができる。これらの技術を開発・展開する企業は、2020年7月末までに4億3500万ドル(約454億円)の資金調達を行っている。これは、食品技術の市場がいかに競争力のあるものであるかを示すもので、GFIによると、2019年全体で投資された2億7400万ドル(約286億円)を60%近く上回っていることを表している。

GFIの科学技術アソシエイトディレクターを務めるLiz Specht(リズ・シュペヒト)氏は声明の中で「発酵は、風味、持続可能性、生産効率の向上のための巨大な可能性を持つ代替タンパク質製品の新しい波を後押ししています。投資家やイノベーターはこの市場の可能性を認識しており、代替タンパク質産業全体のための可能性のあるプラットフォームとして発酵の活動が急増しています」と説明する。「これは始まりにすぎません。この分野では、技術開発の機会はまったく利用されていません。将来の多くの代替的なタンパク質産物は、現在利用可能な大量のタンパク質生産方法を利用し、植物、動物細胞培養、および微生物発酵に由来するタンパク質の組み合わせを利用できます」と続けた。

画像クレジット:Getty Images

15億ドルという数字が示すように、大物投資家が注目している。Bill Gates(ビル・ゲイツ)氏の支援を受けたBreakthrough Energy Ventures(ブレイクスルー・エナジー・ベンチャーズ)、Temasek(テマセック)、Horizons Ventures(ホライゾンズ・ベンチャーズ)、カナダ年金制度投資委員会、Louis Dreyfus(ルイ・ドレフュス)、Bunge Ventures(バンジ・ベンチャーズ)、Kellogg(ケロッグ)、ADMキャピタル、Danone(ダノン)、Kraft Heinz(クラフトハインツ)、Mars(マース)、Tyson Foods(タイソンフーズ)の投資部門からのファンドが、すべてこの業界の企業を支援している。

GFIによると、発酵に特化したスタートアップは、世界の食肉会社の3.5倍、米国の植物由来の食肉、卵、乳製品会社の60%近くの資本を調達してるという。業界が成長するにつれ、英国発祥の肉代替製品Quorn(クオーン)が1985年に発酵由来のタンパク質を使用した最初の企業となって以来、大手の産業企業が注目し始めている。

GFIの報告書によると、代替タンパク質に特化したスタートアップは世界に少なくとも44社あるほか、バイオテクノロジー企業のNovozymes(ノボザイムズ)、DuPont(デュポン)、DSMなどの大手上場企業も代替タンパク質ビジネスのための製品ラインを開発している。

応用範囲の広さを考えると、発酵は代替タンパク質が直面している現在の多くの課題を解決できると考えられる。一方で、バイオマス発酵は、栄養価の高いクリーンなタンパク質を高効率かつ低コストで生産できる。

新しいタンパク質生産技術を開発するスタートアップ支援を専門とするCPT Capitalの投資家であるRosie Wardle(ロージー・ウォードル)氏は「高付加価値、高機能、栄養成分を生産するための高度発酵発酵技術は非常に刺激的であり、植物ベースのカテゴリーに革命をもたらす可能性があります」と語る。そして「投資の観点から見ると、このカテゴリーにおける成長の余地が多く非常に興奮しており、投資を積極的に増やしたいと考えています」と続ける。

GFIの新レポートは、代替タンパク質アプリケーションのための発酵の最初の包括的な概要であり、より効率的で有害性の少ない世界的な食糧システムの構築を望むすべての人にとって必読の書となるはずです」と同氏は締めくくった。

画像クレジット:Alternative protein

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)