スマートニュースの浜本階生氏が米国におけるメディア分極化への取り組みについて語る

次の記事

強力なウィジェット作成機能をもたらすLauncher、iOS 14でユーザーの画面カスタマイズ熱高まる

6年前、SmartNews(スマートニュース)は大きな挑戦を始めた。2012年に日本でスタートしたニュース発見アプリが、最初の海外市場を米国に決めたのだ。Disrupt 2020では、共同ファウンダーのKaisei Hamamoto(浜本階生)氏が、SmartNewsをまったく異なる2つの市場にどうやって適応させたかについて語った。2019年にユニコーンの仲間入り(未訳記事)を果たした同社の最高執行責任者(COO)でチーフエンジニアである浜本氏は、会社として、特に米国で、メディア分極化にどう取り組んでいるかについても話した。

SmartNewsは、Disrupt期間中に米国バージョンアプリの主要な新機能をいくつか発表した。投票情報や地方および国政選挙の関連記事に特化したセクションがその1つだ。浜本氏は、SmartNewsのゴールは、アプリを「投票プロセスに参加するユーザーのワンストップソリューション」にすることだと語った。

メディア環境は同社が設立された2012年から大きく変わった。SmartNewsは米国で、多くのジャーナリストが遭遇しているのと同じ問題に取り組んでいる。特に政治関係での分極化の拡大、および収益化だ(SmartNewsは現在世界3000社以上のパブリッシングパートナーと収益分配している)。そしてもちろん、Apple News(アップルニュース)やGoogle News(グーグルニュース)など多くの新規参入ライバルがいる。

日本のスタートアップの多くが、海外進出といえばアジア市場を考えるのに対して、SmartNewsは米国進出を決断した。それは世界で最も影響力のあるメディア企業がこの国に集まっているからだ。エンジニアリング面でも、この国のAIと機械学習の人材プールも利用したかったと浜本氏は語った。

「米国は市場として魅力的であるだけでなく、SmartNewsの重要な開発センターだ」と同氏はいう。

日本版と米国版のSmartNewsは同じコードベースを共有しており、日米のオフィスは密に連絡をとって仕事をしている。同社の機械学習ベースアルゴリズムはニュースディスカバリーとパーソナルレコメンデーションの大部分を受け持っているが、パブリッシャーの仕分けはプラットフォームに加えられる前にSmartNewsのコンテンツチームが行っている。コンテンツ担当副社長のRich Jaroslovsky(リッチ・ヤロスロフスキー)氏は、Bloomberg News(ブルームバーグ・ニュース)やThe Wall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル)などの媒体で書いていたベテランジャーナリストだ。

AIベースのアルゴリズムは不快な画像を除去するような作業はできるが、「個々のパブリッシャーが、一定の基準を満たしているかどうかを評価する能力はない」と浜本氏はいう。「ジャーナリズムのエキスパートからなるチームの努力を生かし、ユーザーが毎日確実に信頼を持ってニュースを読めるために、できることなら何でもする」。

読者をフィルターバブルから飛び出させる

2つのバージョンのアプリは、コードベースだけでなくいくつかの機能も共有している。例えば、SmartNewsのCOVID-19(新型コロナウイルス)チャンネルは、パンデミックに関する最新情報を常に更新している。米国では、確認された症例数を郡または州別にビジュアル化したものや地域の閉鎖・再開命令に関する情報が含まれている。

アプリのユーザー体験について浜本氏は、日本の読者は1枚の画面に多くのニュースが表示されていることを好むので、日本版アプリでは表示する情報の密度を意図的に高くするレイアウトアルゴリズムを用いていると語った。しかし、テストの結果米国人はシンプルですっきりした余白の多いレイアウトを好むことがわかった。

しかし異なるのはアプリのユーザーインターフェースだけではない。2016年、米国と日本の開発チームメンバーは3週間をかけて、ジョージア州、テネシー州、ミシシッピ州、オクラホマ州、テキサス州など米国の13州を訪れ、Craigslist(クレイグスリスト)の投稿やレストランやカフェで知り合った人たちと話した。SmartNewsの幹部がこれを実施することを決めたのは、日本チームの米国出張先のほとんどがニューヨークとサンフランシスコのベイエリアだけだったことに気づいたからだった。

「東海岸と西海岸に行っただけでは、真のアメリカを感じられないことがわかった」。

浜本氏は2016年の出張で持ち帰った最大の成果を「概して我々は、人を自分たちの側と反対側の2つだけに分類し、反対側を敵と考える傾向にあるが、現実の世界はそう単純ではない」と知ったことだったと語った。

米国メディアにおける政治的分極化に取り組むために、2019年にSmartNewsは「News from All Sides(あらゆる立場からのニュース)」を立ち上げた。1つの話題に関するさまざまな出版物の記事を「most conservative(最も保守的)」から「most liberal(最もリベラル)」までスライダーを動かして表示できる。米国版アプリはローカルニュースにも力を入れている。ユーザーの位置に基づいて、郡や時には都市の報道機関から特定の情報を提供する。

SmartNewsの基本理念は、「人の言葉に耳を傾ける意識を持ち、簡単にラベル付けしないことが社会の分断化の解決につながる」という信念だと浜本氏は付け加えた。

関連記事
スマニュー米国版に選挙、新型コロナ、天気の新機能が登場
スマートニュースのローカルニュース機能が米国6000以上の都市で利用可能に

カテゴリー:ネットサービス

タグ:SmartNews Disrupt 2020

画像クレジット:SmartNews

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook