iOS 14のウィジェットとiPhoneのホーム画面のカスタマイズを最大限に活用する方法

次の記事

遺伝子配列解析のIlluminaがスピンオフしたがん検査のGrailを約8320億円で買収し出戻り

iOS 14にアップグレードして、アップルが提供する純正オプションなどから従来とはかなり異なるiOSのホーム画面を見てきたはずだ。あなたがAndroidユーザーであれば、自分たちが長年使ってきたカスタマイズ機能にようやくiPhoneユーザーが追いついたことを笑っているかもしれない。しかし、iPhoneユーザーなら、その使い方をいますぐ知りたいはずだ。時間に余裕があり、少し手の込んだ回避策を気にしないのであれば、実際には比較的簡単だ。もちろん、脱獄する必要なんてない。

ウィジェット

ソーシャルメディア上で話題になっているiOS 14の新機能といえば、初めてサポートされたホーム画面用のウィジェットだろう。これらは、アップルまたはサードパーティ製が提供しており、App Storeからダウンロードしたアプリ自体に含まれている。多くの開発者がiOS 14のリリースになんとか間に合わせたようで、私の同僚のSarah Perez(サラ・ペレス)がどこから始めてよいかわからない場合にチェックアウトするために、いくつかのウィジェットをリストを作成したので、まずはそちらを参照してほしい(その1その2)。日本国内でも「PayPay」や「bitFlyerウォレット」など一部のアプリがウィジェット対応を進めている。

PayPayウィジェットでは残高確認、付与予定ボーナスほか、QRコードやスキャナーの呼び出しが可能だ(画像クレジット:Hiro Yoshida)

個人的に気に入っているウィジェットの1つはWidgetsmithで、Smith(製作人)の名前が示すように、ウィジェットを細かくカスタマイズできるのが特徴だ。さまざまなカスタマイズオプションが用意されており、カレンダー、天気、時計など便利な機能が多数ある。また、フォントもスタイルに合わせて選べる。私はいつも、できる限りクリーンな単一トーンのルックスをiOSで作ることを目指してきたが、Widgetsmithは私がこれまで見つけた中で、ボーダレスに見えるホームスクリーン用ディスプレイとしては最高のものになる。あなたのiOSの壁紙が、アプリがサポートしているいずれかの色と一致する単色であればの話だが。

Widgetsmithのウィジェット追加方法(画像クレジット:Hiro Yoshida)

ウィジェットは、わさわざアプリを起動して確認するまでもない情報を、ホームスクリーン上の必要な場所にひと目で提供するのに優れている。GoogleのiOSアプリに組み込まれている検索ウィジェットのように、便利な機能にショートカットできるものもあるが、ほとんどのウィジェットはアプリの起動時間を減らすことを主な目的として作られている。

カスタムアイコン

ウィジェットは新しいものだが、このカスタマイズにはもう1つの大きな要素がある。数年前にアップルがiOSで「ショートカット」アプリを発表して以来ずっとあった機能なのだが、iOS 14でウィジェットが導入されたことでホームスクリーンのカスタマイズ周りの注目度が高まった結果、多くの人が初めてこの機能を使うようになった。

  1. IMG_2521-2

  2. IMG_2497-2

iOS上では、厳密にはカスタムアイコンを作成できない。実際にユーザーがやっているのは、アプリの起動をトリガーする新しいショートカットを作成し、そのブックマークのためにカスタム画像を使用し、それはホーム画面上に常駐させているだけだ。これは理想的な解決策ではない。というのも「アプリ」 に通知バッジがない、 システムは最初にアップルのショートカットアプリに誘導し、それが一瞬開いてからショートカットに選んだ実際のアプリが機能するからだ。

アップルは明らかに、こういった使い方のためのこのショートカット機能を設計していない。事実、ターゲットアプリを開くと、自動化されたアクションの文字列の開始であることが意図されているからだ。さらに同社は、ユーザーが独自のカスタムアイコンを選択できるようにすることにも興味を持っていないようだ。ここで紹介する方法は、我々が今のところできる最善のもので、幸いにも作業は比較的簡単だ。一方で多くのステップがあり、ホーム画面全体をカスタマイズするには少し時間がかかるの点は覚悟してほしい。

まずは、できるだけ簡単にカスタマイズ可能にするためのGIFアニメを紹介しておく。なお、GIFアニメで紹介されている、モノクロのスピーカーアイコンなどは、事前にアイコンセットをカメラロールなどに保存・用意しておく必要がある。

クリエイティブなたちが少しの時間と労力を割いてこれを使って成し遂げた素晴らしい例がいくつかある。ウィジェットの選択肢が増え続けているいま、アップルのルールの下で可能な限りのカスタマイズを楽しもう。

関連記事
強力なウィジェット作成機能をもたらすLauncher、iOS 14でユーザーの画面カスタマイズ熱高まる
いますぐ試せるiOS 14用ウィジェット(その1)
いますぐ試せるiOS 14用ウィジェット(その2)

カテゴリー:ソフトウェア

タグ:Apple iOS iOS 14

画像クレジット:Darrell Etherington

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)