Nokia(企業)

HMDが7万円台のノキアブランド5Gスマホと150時間駆動のワイヤレスイヤフォンを米国で発表

次の記事

テスラが10テラワット時の生産を目指すタブレス構造バッテリーの概要を公開

フィンランド拠点の携帯電話会社であるHMD Globalは過去4年間あまりで、Nokia(ノキア)ブランドの携帯電話で自分自身のための素敵な小さなニッチ市場を切り開いてきた。過密な市場で足場を築くために、ユーザーの認知度が高いレガシーブランドを利用する手法は、うまくいっているようだ。

価格も同社の魅力のカギで、初の5G対応スマートフォン「Nokia 8.5 5G」の登場でそれがより鮮明になった。価格は699ドル(約7万4000円)で、米国では9月23日より予約受付が開始される。同社の基準からすると安くはないが、競争力のある価格の5G携帯電話の1つであることは間違いない。

同社の端末は、次のジェームス・ボンド映画「007/NO TIME TO DIE」に登場することも決まっている。640万画素のレンズとマクロを含む4つの背面カメラを備えるなど、スペック的には最近のスマートフォンでは人気が高まっている方向性だ。 画面は6.81インチと大画面で心臓部はQualcomm(クアルコム)のミッドレンジSoCのSnapdragon 765 Gを採用する。

本日の発表でノキアは、完全にワイヤレスイヤフォン「PowerEarbud」を米国で発表した。具体的な発売時期は明らかにされていないものの、価格は99ドル(約1万円)と安価だ。最近のワイヤレスイヤフォン市場、特にローエンドの市場では激しい競争が起きているが、PowerEarbudはデザインと巨大な充電ケースによる150時間という途方もないバッテリー寿命のおかげで、価格に対してかなり高評価を得ている。

カテゴリー:ハードウェア

タグ:HMD Global スマートフォン 5G Nokia イヤフォン

画像クレジット:HMD

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)