シングルサインオンのOpenAM最新版でSafari 14経由の生体認証ログインを確認、パスワードレス認証が可能に

次の記事

【更新あり】アマゾンがPelotonを意識したエクササイズバイクPrime Bikeを5万円台で販売

オープンソース・ソリューション・テクノロジ(OSSTech)は9月23日、オープンソースソフトウェアのシングルサインオン(SSO)ソフト最新版「OpenAM14」において、Safari 14とTouch ID、Face IDの組み合わせでWebAuthn認証モジュールが動作することを確認し、サポート対応機種に追加したと発表した。

SSOとは、IDとパスワードで1度認証を行うことで、複数のウェブサービス・クラウドやアプリなどの認証をまとめて行えるようにする仕組み。ユーザーは多数のIDとパスワードを管理する手間を軽減できる。

Apple(アップル)は9月17日、iOS 14・iPadOS 14とともにSafari 14をリリース。Touch ID・Face ID搭載の同社製品が、生体認証のための規約「WebAuthn」向け認証デバイス(Platform Authenticator)として利用できるようになった。

WebAuthn(Web Authentication API)は、従来のようなパスワードではなく、指紋・顔などの生体情報で認証を行うための規格「FIDO2」(ファイド2)を構成するウェブ認証技術。OpenAMは多要素認証対応のID基盤の構築に利用でき、最新版でFIDO2(WebAuthn認証モジュール)、OpenJDK 11をサポートしている。

AndroidおよびWindows 10(Windows Hello)はすでにFIDO2認証を取得しており、Firefox、Chrome、Microsoft Edgeでも生体認証ログインを行えるようになっている。

関連記事
Safariの次期バーションではFace IDとTouch IDでウェブログインが可能に
Yubicoが最新セキュリティキー「Yubikey 5C」を発表、価格は約5800円
Windows 10がYubicoのSecurity Keyでパスワード不要のログインをサポート
GoogleがAndroidのセキュリティキー技術をiPhoneやiPadに開放

カテゴリー:セキュリティ

タグ:オープンソース・ソリューション・テクノロジ シングルサインオン WebAuthn