スニーカーカルチャーの主役「GOAT」が100億円超の新規ラウンドで約1845億円の驚異の評価額を叩き出す

次の記事

WeWorkが中国事業の過半数株を中国企業に売却、大規模なローカリゼーション改革に着手か

この場合、お金はスニーカーだ。

ストリートで評価を得、若者の間で文化的にクールな通貨となった、収集可能なスニーカー(Kicks)やキットを再販するためのオンラインおよびリテール事業を手掛けるGOATは、新たな資金調達で1億ドル(約105億円)を調達し、企業価値は途方もない17億5000万ドル(約1845億円)となった。

ロサンゼルスに拠点を置くGOATにとって、今回の資金調達は大きな数字であり、大きな日でもある。しかし、生まれて間もないスニーカーやストリートウェアの市場はもはや巨大市場になっており、調査会社のCowenの最近のレポートによると、2030年までに世界の売上高が300億ドル(約3兆1600億円)に達する可能性があるという。ちなみにCowenは、資金調達について最初に報じたThe Wall Street Journalが引用した調査会社だ(The Wall Street Journal記事)。

少なくとも同社によると、最近のGOATはスニーカー以外のものも扱っているという。2015年にサービスを開始後、隣接するカテゴリに拡大し、現在のEコマースの大流行での最大の小売業者の1つとなった。

GOATの共同創業者兼最高経営責任者のEddy Lu(エディー・ルー)氏は声明で「私たちの使命は、世界の優れた製品を過去、現在、未来から1つにまとめ、文化とスタイルの観点から最高のエンドツーエンドの顧客体験を提供することです」と語る。

ルー氏のデロリアンへのアクセスや未来に戻る能力はさておき、

同社は新世代の買い物客のための商業的試金石となるためにいくつかの重要なマイルストーンを達成した。

同社は、VCのAccelやUpfront Ventures、および靴の小売大手であるFoot Lockerから2億ドル(約210億円)を調達し、Alexander McQueen(アレキサンダー マックイーン)、NIKE(ナイキ)などのブランドも同社のプラットフォーム上で製品を直接販売している。

ちなみに、高級品やライフスタイル商品の再販方法を人々に提供したことで10億ドルの評価額を得たのは同社だけではない。同社の最大のライバルであるStockXも昨年末の1億1000万ドル(約116億円)のラウンドで10億ドルのバリュエーションを獲得している(未訳記事)。

なお声明によると、GOATは今回の新たなラウンドの資金調達を研究開発の倍増と国際的な事業拡大のために使う予定だという。

D1 Capital Partnersの創設者であるDan Sundheim(ダン・サンドハイム)氏は「GOATをスニーカー業界のトッププレイヤーに押し上げた印象的な成功を目の当たりにし、彼らの規律ある運営アプローチと差別化された価値提案に引かれました」と語る。「GOATはコアビジネスを成長させ、新たなカテゴリーへと拡大し続けているため、次世代のグローバルEコマースプラットフォームの中で最も優れたポジションを持つ企業の1つとして急速に台頭しています」と締めくくった。

画像クレジット:Focus on Sport / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)