KINOKUNIYA Sutto
TOUCH TO GO

無人決済システムのTOUCH TO GOと紀ノ國屋が無人小型店舗をJR目白駅に10月16日オープン

次の記事

製造工程をSpaceX流に改善するワークフローツール開発のFirst Resonance、創業者は元SpaceXのエンジニア

無人決済システム開発のTOUCH TO GO紀ノ國屋は9月24日、TTG無人決済システムの外部導入第1号店となる紀ノ国屋初の無人決済小型スーパーマーケット「KINOKUNIYA Sutto目白駅店」を発表した。JR山手線の目白駅改札外において、10月16日に開業する。

  • 店舗名: KINOKUNIYA Sutto目白駅店
  • 営業時間: 平日8:00~20:00、土日祝8:00~19:00
  • 場所: 東京都豊島区目白3-3-1 目白駅構内(改札外)
  • 店舗面積: 約40㎡(約12坪)
  • 決済方法: 交通系IC、クレジットカードに対応

KINOKUNIYA Suttoは、「スッと寄るだけで楽しい紀ノ国屋」をコンセプトととし無人決済システムを導入した新しいブランド。

TTG無人決済システムは、カメラなどの情報から入店した顧客と手に取った商品をリアルタイムに認識し、顧客が決済エリアに立ち次第タッチパネルに商品と購入金額を表示する。顧客は、商品を持ち出口でタッチパネルの表示内容を確認して支払いを行うだけで買い物を済ませられる。

無人決済システムのTOUCH TO GOと紀ノ國屋が無人小型店舗をJR目白駅で10月16日オープン

TTG無人決済システムの導入により、忙しい朝や時間のない移動の合間でも、商品を手に取った瞬間に判別し、一瞬で会計を済ませることのできる利便性と、省人化による店舗オペレーションコストの低減を目指す。

同システムは、商品スキャン不要、対面無人で商品の識別と決済が可能なほか、既存設備に変更なしで導入できるという。また、月額サブスクリプションでの提供が可能としている。

無人決済システムのTOUCH TO GOと紀ノ國屋が無人小型店舗をJR目白駅で10月16日オープン

無人決済システムのTOUCH TO GOと紀ノ國屋が無人小型店舗をJR目白駅で10月16日オープン

関連記事
JR東日本のAI無人コンビニが高輪ゲートウェイ駅に2020年春オープン