日本のスタートアップNatureが米国とカナダで家電スマートリモコン「Remo 3」を発売

次の記事

サーバーを特殊粘液に漬け込んで冷却、地球を救う新材料をスペイン拠点のSubmerが開発

ホームデバイスのIoTに注力する日本のハードウェアスタートアップであるNature(ネイチャー)は9月23日、米国とカナダでの家電スマートリモコン「Remo 3」発売を発表した。価格は129ドル(約1万3500円)。Bluetooth対応のRemo 3を使用すると、スマートフォンやスマートスピーカーでエアコン、テレビ、ロボット掃除機、扇風機など赤外線リモコンで動く複数の機器を操作できる。

Natureは、Remoシリーズが日本で最もスマートなリモコンであり、これまでに20万台以上が販売されたと主張している。Remo 3は壁に取り付けられる設計だ。温度、湿度、照度、人の動きを感知するセンサーを備えているため、ユーザーはデバイスの電源をオン・オフにするタイミングの設定をカスタマイズできる。Remo 3のアプリにはGPS位置情報機能もあり、ユーザーが自宅に近づくと家電が自動でオンになる。

新型コロナウイルスにより以前に比べ多くの時間を家で過ごすことを強いられる中、多くの人が自宅改善プロジェクトに取り組んでいる(Business Wire記事)。

景気低迷により世の中全体が新しい家電の購入に消極的になっているとしても、Remo 3などの比較的安価な製品であれば消費者を引き付ける可能性がある。家にある電化製品の消費エネルギーを削減できるからだ。またRemo 3は、スマートスピーカーに新機能のレイヤーを追加することになる。パンデミック前にあたる昨年の世界のスマートスピーカーの売上高は過去最高を記録し、出荷台数は1億4690万台に達した。Remo 3は、Echo DotなどのAmazonスマートスピーカー、Google HomeやApple HomePodなどのスピーカーと互換性がある。

Natureの創業者で最高経営責任者でもある塩出晴海氏はTechCrunchに、「Natureは同社の製品によりエアコンの電力使用量を削減できることを立証するため、日本最大の電力会社の1つである関西電力とパイロットテストを実施した」と語った。 また同氏は「実際、パンデミックが日本におけるNature Remoデバイスの販売を加速させ、米国での発売を決定するきっかけにもなった」と付け加えた。

塩出氏によると「新型コロナウイルスの感染拡大によりNatureのチームが毎月深センに行けなくなり、Remo 3の量産は困難になったが、Remo 3はNatureが発売する製品としては6作目であるため、生産と品質保証に関して工場とリモートで連携する方法を見出すことができた」という。

「感染拡大が始まって以来、米国人の70%が自宅改善プロジェクトに取り組んでいるというのを読んだことがある」と塩出氏は付け加えた。「同じように、世界中の人々は自宅待機を平凡でなく便利なものにする方法を模索している。Nature Remo 3により、日本にあるのと同じ利便性と効率性を米国市場でも提供したいと考えている」。

画像クレジット:Nature

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi