炭素排出量
Submer
スペイン

サーバーを特殊粘液に漬け込んで冷却、地球を救う新材料をスペイン拠点のSubmerが開発

次の記事

アマゾンから新「Fire TV Stick」と低価格「Fire TV Stick Lite」が登場、双方向ビデオ通話やZoom対応も視野に

デジタル技術は今や世界経済の中枢神経系であり、その機能を、世界中の企業の稼働を維持するために大量の電力を猛スピードで消費する巨大なデータセンターに依存している。データセンターの稼働を維持するだけでなく、すべてのデータを収める膨大な数のサーバーを空調の効いた環境に置いて効果的に運用するためには、巨額の冷暖房費用を必要とする。

企業が自社のエネルギー消費を意識してその炭素排出量を減らそうとすると、もっと少ないエネルギーでサーバーを動かす方法を見つけなければならない。そこにSubmerが登場した。

このスペインの企業は、サーバーを保存し冷却する新しい方法を開発した。基本的にはサーバーを独自設計した環境親和性のいい粘液に漬け込み、それらを特製の容器に保存する。同社の創業者によると、この方法はエネルギー消費をを50%減らし、水の使用量を99%、スペースの使用量を85%減らすという。

Submerの説明は実は拒否から始まる。同社を創業したPol Valls(ポル・ヴァルス)氏は元プログラマーでエンジニア、そして彼の義兄弟のDaniel Pope(ダニエル・ポープ)氏は、のちにTelefonica(テレフォニカ)に売却したデータセンターを経営していた。

4年前に二人は、データセンターをもっと効率的に動かすための方法についてブレーンストーミングを開始した。彼らは、自分たちのさまざまな人脈を辿って、エンジニアや材料科学の技術者の話を聞き、無毒で不燃性で生分解性の素材を開発した。そして、その粘液を収めたコンテナにサーバーを沈めれば、もっと効率的に運転できると考えた。

自分たちの名案に感動した二人は、このアイデアをY Combinatorに売り込んだ。しかし選考の最終ラウンドまでは行ったが、結局はYCの早期アクセラレーター事業に入れなかった。

ヴァルス氏は「当時はクレイジーなアイデア以外には何もなくて、クラスには入れませんでしたが、面接には通りました」と振り返る。

二人は退職した熱力学工学の技術者の協力を求め、最初のプロトタイプを3つ開発した。そして6回の試行ののち、実際に商品になりそうな製品に到達した。

液体でサーバーを冷却するというコンセプトはSubmerの独占ではない。Microsoft(マイクロソフト)は最近、スコットランドの海岸で行った実験の結果を公表したが、そこでは海水にサーバーを沈め、自然環境を利用してハードウェアを冷却し保存した。

関連記事:マイクロソフトがProject Natickで海底データストレージの実行可能性を確認、乾燥地と比べて信頼性が最大8倍

ヴァルス氏によれば「マイクロソフトの方法は興味深いが、データセンターの新しいインフラストラクチャ技術が対応すべき重要な問題を解決していない」と指摘する。

まず、コンピューティングはリアルタイムの作動を必要とするアプリケーションになるべく近いところで行われる必要がある。5Gのネットワーキング技術も、スマートカーも、そのほかのイノベーションも、すべてそうだ。

同氏によると「ハイパースケールやデータセンターは今、インフラストラクチャを都市の中心に移動して通信の遅延を減らそうとしている。遅延は計算とそのユーザーがそれぞれどこにあるかに依存する。低遅延のアプリケーションは、計算が都市の中心に近いことを今後ますます必要とするだろう」と続ける。

Submerの方式には十分な説得力があるので、同社はスウェーデンのインパクト投資企業であるNorrsken VC(NPO Norrsken Foundationの投資部門)とJane Street Capitalの引退した共同創業者Tim Reynolds(ティム・レイノルズ)氏がリードするグループから、およそ1200万ドル(約12億650万円)の資金を調達した。なおNorrskenは、ヨーロッパのフィンテックユニコーンであるKlarnaの共同創業者の一人が創立し、金融のインクルージョンと持続可能な開発において国連の持続可能な開発という目標を推進する技術とサービスにフォーカスしている。

そのNorrsken VCの投資マネージャーを務めるAlexander Danielsson(アレクサンダー・ダニエルソン)氏は「データセンターは人類の進歩の原動力だ。コアインフラストラクチャとしての彼らの役割はいまやこれまで以上に明白であり、AIやIoTのような新興技術がコンピューティングのニーズを増大し続けている。しかしながら、その業界の環境フットプリントは、ひとび途が不安を抱くほどの大きさで成長している。そこでSubmerのソリューションに期待している」と述べた。

強力な説得力は業界の規模にもある。Global Market Insightsのデータによると、データセンターの市場は近く250億ドル(約2兆6400億円)にも達する。

画像クレジット: Submer

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa