Fire TV

アマゾンから新「Fire TV Stick」と低価格「Fire TV Stick Lite」が登場、双方向ビデオ通話やZoom対応も視野に

次の記事

NetflixがついにAmazon Echo Showで視聴可能に

Amazon(アマゾン)は米国時間9月24日、Fire TV Stickの更新と新価格のFire TV Stick Liteとともに、新たなFire TV体験について発表した。Alexa対応のスマートTVプラットフォームのための更新されたインターフェイスは、サポートビデオ通話やビデオチャットをする方法としてFire TVを使用するための他のオプションを含む新機能が加わる。ビデオ会議システム「Zoom」に対応した機能も搭載する。

Fire TVのソフトウェア体験の全体的なデザインも改善される。更新されたFire TVのデザインには、より素早くお気に入りのコンテンツやアプリにたどり着けるようになる、パーソナライズされたホームページが含まれる。最近導入された、1世帯最大6人のユーザープロファイルもちろんサポート。このプロファイルにより、ユーザーは視聴中の番組を追跡できるほか、自分の興味に合わせたお勧めの番組を見ることができる。

Fire TVのナビゲーションもシンプルになった。画面上部にある長いタブの列をクリックして移動する必要はない。代わりに、ナビゲーションはあなたのプロフィールアイコンの横にあるページの下に移動し、お気に入りのアプリケーションの列と一緒に「ホーム」「検索」「ライブ」「ライブラリ」のタブが表示されるようになる。

一方で画面の上部は、アマゾン自身のコンテンツの大きな広告を表示するために開放された。これは当然のデザイン選択だが、Fire TVがRokuのようにホーム画面広告スペースをサードパーティーに販売したり、新しいサービスやアプリを紹介したりするような中立的なプラットフォームではなくなることを意味する。

Fire TVに搭載されたAlexaハブは、テレビ番組と一緒にスマートカメラを見るためのピクチャーインピクチャーモードなど、Alexaでできることを示すのに役立つだろう。そして、Alexaに質問するときにフルスクリーンを引き継ぐことはなくなった。これはiOS 14のSiriの体験をアップルが最近アップデートしたことを思い出させる微調整だ。

しかしより大きなニュースは、同社がFire TVについてコミュニケーションデバイスとして構想を持っていることだ。

「Fire TVのようなデバイスを使って家庭でテレビを見る人が増えており、現在では1億台以上が売れた」とAmazonのエンターテインメントデバイスおよびサービス担当バイスプレジデントであるMarc Whitten(マーク・ウィッテン)氏は述べている。「利用者は毎月何十億時間ものエンターテイメントコンテンツを観ています。また、これまでにない新しい用途にも使用しています」と同氏は付け加えた。

アマゾンはFire TVにビデオ通話機能を導入した。この新機能により、自宅のテレビ画面などにビデオ通話を表示できるようになる。当初は、Logitech(日本法人はロジクール)のUSBウェブカメラをFire TV Cubeに接続して、Alexaを使った双方向ビデオ通話が可能になる。その後、Zoomのサポートを追加するが、発売日については明らかにしなかった。

現時点では言及されていないが、同社が将来的にウェブカメラ内蔵の新しいFire TVセットを発表する可能性が高いのは明らか。しかし、なぜ本日の大きなイベントでローンチする準備ができていなかったのかは不明だ。

なお、Fire TVのハードウェアに関しては、本日の発表はFire TV Stickに限られていた。同社によると、Fire TV Stickはアマゾンのベストセラー製品の1つであり、Amazon.com全体で初めて視聴率が25万人を超えたという。今ではどの商品よりも5つ星の評価が高い。

アップデートされたFire TV Stickは、従来比50%強力なプロセッサーにアップデートされ、HDR互換とフルHDストリーミングのDolby Atmosサポートをサポートしている。しかし、消費電力は前モデルより50%少ないと同社は述べている。Alexaリモコンには、専用の音量ボタン、電源ボタン、消音ボタンが備わっており、テレビ、サウンドバー、AV機器を制御できる。同デバイスは4980円で9月30日に発売される。

アマゾンはまた、より手ごろな価格の「Fire TV Stick Lite」 も発表した。これらのバージョンはそれほど強力ではないが、HDRによるフルHDストリーミングをサポートしており、Alexa Voice Remote Liteが付属している。Fire TV Stick Liteは今月中に29.99ドル(約3200円)で発売される。

Amazon Hardware Event

画像クレジット:Amazon

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)