スマートスクリーン
Echo Show 10

アマゾンの新しいEcho Show 10は利用者の動きをカメラで追跡する

次の記事

アマゾンがゲームストリーミングプラットフォーム「Luna」を発表

これはクレイジーだ。Amazon(アマゾン)の新しいスマートスクリーンであるEcho Show 10は、土台上で回転して部屋の周りをフォローしてくれる。内蔵カメラは、人を認識・フォローするために周りに回転することがだ。本質的にFacebookのPortalとGoogleのNest Hub Maxに見られる人の追跡機能のもっと不気味に進化させたものだ。

同社はプライバシーの観点から、このデバイスは人を個別に識別するものではなく、人の一般的な形状を認識して常にディスプレイを利用者に向けておく目的だと強調している。ただし、室内に複数がいた場合にどのように動作するかはわからないが、実際にどうなるか楽しみでもある。一方で率直に言って、これが最終的にどの程度有用な機能なのか、そしてそれ以上のレベルの追跡を行う価値があるのかどうか疑問に思っている。

Echo Show 10はその名前が示すように、10インチのHDタッチディスプレイを搭載し、1300万画素のカメラと2.1chのオーディオシステムを内蔵する。新しいEchoと同様にZigbee(ジグビー、近距離無線通信規格)を内蔵しているので、デバイスはまた、スマートホームのハブとして機能する。

同社はここ数カ月、このプロダクトラインにサードパーティーのソフトウェア機能を追加してきており、そのリストには、Zoom、Skype、そしてもちろんNetflixも含まれている。これらはすべて在宅勤務時代の大きな勝利だが、Google(グーグル)がYouTubeのサポートをEchoから外したことでNetflixは特に大きな打撃を受けた。

Echo Show 10の価格は2万9980円で、スマートスクリーンとしてはかなり高価だ。私が思うに、あなたがここで支払っているものの多くは、あなたが移動するときにあなたを追跡するための高価なメカニズムだ。多くの人にとって、その機能はおそらくプレミアムな価値がないだろう。

Amazon Hardware Event

画像クレジット:Amazon

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)