Launch Center Pro

iOS 14のホーム画面でアイコンをカスタマイズできるLaunch Center Pro

次の記事

電動船外機の性能を向上させるPure Watercraftが約24億円調達

iPhoneのホーム画面でウィジェットとカスタムアイコンが公式に使えるようになるずっと前から、iOS上で提供されていたユーティリティのLaunch Center Pro(ランチ・センター・プロ) が、そのデザインツールをiOS 14に対応させた。このアプリは、最近の流行であるホーム画面のパーソナライゼーションを利用することを目的としている。アプリは7000種類を超える字体や絵文字を提供し、利用者はそれを使ってカスタムアイコンを作成し、Apple(アップル)のショートカットアプリと一緒に使うことができる。

さらにこのアプリは、それぞれ15色の13種類を超えるアイコンの背景スタイルや、字体のスタイル、バッジなどのカスタマイズされたエクスペリエンスを作成できる、その他のツールを提供する。合計すると、組み込みのツールを使用して13兆とおりものアイコンを作成可能だ。さらに、アイコンを作成する際に自分の写真を使えば、さらに種類を増やせる。

Launch Center Proの開発者であるDavid Barnard(デビッド・バーナード)氏は、これらの実現に可能なための作業の多くは、昨年のiOS 13ですでに行われていたと語る。しかし、iOS 14が登場する今月までは、iPhoneのホーム画面のカスタマイズが本格的に始まることはなかった。OSが更新されたことで、開発者はついに、アプリと一緒にさまざまなサイズのウィジェットを出荷して、より魅力的なエクスペリエンスをユーザーのホーム画面に直接提供できるようになった。

当初の目的は、既存のアプリから、ホーム画面に最新情報を表示することだったが、何人かの開発者たちが新機能を利用して、専用のウィジェットデザインツールを開発した。こうしたウィジェット作成アプリを使って、ユーザーはさまざまな色やスタイルを使用して、さまざまな種類やサイズのウィジェットを作成することができる。たとえばWidgetsmith(ウィジェットスミス)は、ユーザーがホーム画面のカスタマイズを始めたことで、App Storeチャートでトップ(未訳記事)となっている。

さらには多くのユーザーが、アップルのショートカットを利用してお気に入りのアプリに関連付けられたアイコンを置き換え、完全にユニークなテーマのホーム画面エクスペリエンスを作成する方法を考え出した。人々がiPhoneのイメージチェンジ結果を共有するにつれて、チュートリアルがTikTokに登場し、ハッシュタグ#iOS14homescreenがTwitterでトレンドになり始めた。

しかし、ホーム画面を再デザインする際の困難の1つは、使用できるカスタムアイコンのセットを見つけるか、あるいはPicsArtやPhotoshopといったアプリを使用して独自にアイコンをデザインする必要があったことだ。それは、日頃クリエイティブなツールを利用していない人にとっては難しいことだったかもしれない。そこでLaunch Center Proの出番となる。

@launchcenterpro

Build your own custom icons for iOs 14! More tips to come! #ios14homescreen #ios14 #homescreen

♬ original sound – Launch Center Pro

iOS 14用のカスタムアイコンを作成しよう!新しいヒントが続々と!

このアプリには、デザインの専門家でなくても自分のアイコンを作成できる、シンプルなツールが用意されている。ゼロからデザインする代わりに、ユーザーはアイコンの形、色、字体を選び、オプションでフレームまたはバッジを追加する。アップル自身のショートカットアプリも、同様のツールセットを提供しているが、選択肢ははるかに少ない。

作成したアイコンは、アイコンをカメラロールにエクスポートしてショートカットアプリで使用するか、Launch Center Proの従来の「今日の表示」(Today View)ウィジェット内で使える。これらのウィジェットには、お気に入りのアプリだけでなく、特定のアクションやタスクを含めることができる。たとえば、仲の良い友人にメッセージを送る、道案内を呼び出す、その他携帯電話を使って日常的に行っていることなら何でもだ。

残念ながら、現時点ではLaunch Center ProはiOS 14互換のホーム画面ウィジェットをまだリリースしていない。

ただし、チームは他の大きなアップデートとともに、それらを今秋の後半に準備する予定だ。それまでは、現在のアイコンデザイナーがiOS 14の初期のカスタマイズに役立つことを同社は期待している。また、今後数週間のうちには、アイコンデザインのエクスペリエンスを改善することに焦点を当てた小さなアップデートをリリースする予定だ。

Launch Center ProはApp Storeから無料でダウンロードできる。

画像クレジット: Contrast/Launch Center Pro

原文へ

(翻訳:sako)